ヘアサロンの超音波トリートメントがセルフでできる!? 話題の最新“ヘアケア家電”

技術が進化した今、髪の美しさはヘアケア家電次第! どれも髪を傷ませず、しっとりツヤ髪に導いてくれます。

【美容家電】ヘアケア


読者代表・アン子ちゃんが、家電ライター・田中真紀子さんと美容エディター・古屋美枝とヘアケア家電について語り合います。

古屋:ドライヤーをはじめとするヘアケア家電も、使ってみたくなるような魅力的なものが続々登場しています。

田中:髪をやさしくいたわるさまざまなアプローチは、ロングヘアやダメージに悩む人なら特に、試してみたくなりますよね。ドライヤーでいえば、「速乾」に「髪を傷ませない技術」が伴ってきたように思います。乾かすだけでツヤツヤに、が簡単に叶う時代になりました。

アン子:私、これ使ってみたいんです! ヤーマンのシャインプロ(1)

古屋:ヘアサロンで受けるような超音波トリートメントがセルフでできるということで、めちゃくちゃ話題になっていますよね。

田中:私、使ったんですけど、すぐに違いがわかりますよ! お風呂で使ってからいつもどおりのドライヤーで乾かしただけで、アウトバスケアまでしたような髪になりました。普段使っているトリートメントにプラスするだけ、というのも手軽でいいですよね。

古屋:そうなんですね! やっぱり買おう…。

アン子:私も!

古屋:トリートメントを手で塗るよりも6倍も浸透すると聞くと、どう考えてもおトク感しかないです。ドライヤーが自動でツヤ髪に仕上げてくれる。

田中:ズーヴィヘイロー(2)は光と風で髪を乾かすというのが画期的ですよね。

アン子:熱で乾かすよりも傷みにくいというのが魅力。ドライヤーって毎日使うから、キレイな髪をキープするためにも傷ませないってとても大事ですよね。

古屋:私、ロングヘアなんですが、これで乾かしてみたら、いつも使っているドライヤーと同じくらいの時間で乾きました。しっとりして、毛先のまとまりも良かったです。あと、私がうれしかったのは低めの温度。42°Cくらいで、普通のドライヤーのように熱くならないんです。夏は毎日汗だくでドライヤーを使っている私としてはとてもありがたいです。

田中:私は1か月使い続けてみたら、手触りがサラサラになりました。デザインもスタイリッシュでインテリアにも馴染みますよね。

アン子:キヌージョ プロ ヘアドライヤー(3)はびっくりするほど軽いんですね! 髪を乾かすのが圧倒的にラクになりそう。

田中:それでいて高機能。W遠赤外線は髪内部の水分を保持しながら乾かしてくれて、育毛光線の役割もします。安定した温風で、熱不足による乾かしムラも防いでくれるのもうれしい。さらに、温風と冷風を自動で切り替えてくれるから、髪への熱ダメージを防ぎつつ、キューティクルを引き締めてくれる。ハンドドライのみでツヤツヤになりますよ。

古屋:こんなに軽くて大風量なのもすごい! 髪が長い人でもあっという間に乾きそうです。ドライヤーも本当に進化してますね。

アン子:どのドライヤーを選ぶかで、髪の美しさが大きく変わってきそう。そう考えるとちょっとくらいフンパツするのもアリかも…。

古屋:最後はパナソニックのストレートアイロンナノケア(4)。私、ストレートアイロンが大好きで、3機種使い分けているので、これも気になっています。

田中:使ってみましたが、わずかな力加減でもちゃんと挟めて熱の伝わりも良かったです。パナソニック独自の微細なイオン、ナノイーが放出されていることもあって、しっとりサラサラに仕上がりましたよ。

アン子:ストレートアイロンもこんな高機能なものがあるんですね。欲しくなってきました…。

古屋:ストレートアイロンは手っ取り早く髪にツヤを出せるけど、熱を加えることで傷みやすくもあるから、機種選びは重要かも。

田中:このアイロンはすべりやすさの面でも優秀。引っかかることなくスルスルと滑るので、髪に余計な摩擦を与えることもなさそうです。

アン子:このストレートアイロンでセットしたら、まだまだ続く梅雨時期も髪がふくらみにくそうだし、よさそうですよね!

1、ヤーマン「シャインプロ」


サロン帰りのようなツヤ髪に。1秒間に100万回振動する超音波、温熱、赤色LEDによって、トリートメント剤やヘアカラー剤を毛髪内部に浸透させてとどめる。防水仕様でコードレスなのでお風呂で使えるほか、タオルドライ後の洗い流さないトリートメントにも。¥27,500(ヤーマン TEL:0120・776・282)

2、Zuvi Japan「Zuvi Halo ヘアドライヤー 速乾有線モデル」


髪内部の水分を保ちつつ光と風で乾かす。太陽光と風による自然の乾燥原理に着想を得て生まれた独自の乾燥技術により、髪表面の水分を集中乾燥させ、髪内部には潤いをキープ。熱で髪を傷めることなく、髪と頭皮を低温に保ちながら素早く乾かす。¥39,600(Zuvi Japan TEL:050・3821・8355)

3、KINUJO「KINUJO Pro Hair Dryer」


熱ダメージから髪を守り潤う髪に。W遠赤外線で熱効率をアップし、速乾性を高めながら髪にツヤと潤いをプラス。温風と冷風を自動で切り替えて、オーバードライによるキューティクルの損傷やタンパク質変性を防止する。500mlペットボトルよりも軽い約363g。¥46,200(KINUJO TEL:049・236・3380)

パナソニック「ストレートアイロン ナノケア EH‐HS0J」


素早くしっとりしたストレートヘアに。3つの温度コントロール機能と3D密着プレートが髪をしっかりととらえ、1回すべらせるだけでしっかりとまっすぐな髪に整える。スムースグロスコーティングプラスで髪への摩擦を抑え、キューティクルの損傷を防ぐ。¥20,700前後*編集部調べ(パナソニック TEL:0120・878・697)

美容家電探求トリオ田中真紀子さん 家電ライター。All About白物・美容家電ガイド。雑誌・ウェブなどで、家電のレビュー記事を多数手掛ける。自宅には50を超える美容家電があり、使用感を日々研究中。

古屋美枝 美容エディター。日頃からさまざまな美容家電や化粧品を試しつつ、定期的に美容クリニックやエステなどで肌管理している。力を入れているのは、毛穴&たるみケアと髪のダメージケア。

アン子ちゃん 30歳。会社員。美容家電に関しては初心者ながら、自分に合ったものを取り入れて、肌や髪を底上げし、脱毛も始めたいと思っている。悩みは肌の乾燥と髪の毛先が傷んでいること。

※『anan』2022年6月8日号より。イラスト・菜々子 取材、文・古屋美枝

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)