【2022年下半期の運勢】12星座別「劇的な運命の変化が起こりそう」なのは誰?

もうすぐ始まる2022年の下半期。この下半期を幸福に過ごし、人生をさらに良くするためのきっかけをつかむために今回は、占い師の五十六謀星もっちぃさんに、この下半期に起こりそうなことを12星座別に解説してもらいました。

【2022年下半期の運勢】

おひつじ座3/21〜4/19


人から認められる機会が多くなる予感。得意なことを伸ばすべき時期と言えそうです。持ち前の明るさが益々発揮されて、楽しい時を過ごすことができるでしょう。

おうし座4/20〜5/20


これまでとは違う種類の人との関わりが増えそうです。新しい人とのコミュニケーションの中で、しっかりと自分の地位を作ることが必要となるでしょう。人間関係で得られるものがたくさんありそうな時期です。

ふたご座5/21〜6/21


人とのコミュニケーションが増えて、ふたご座の本領が発揮される時期のようです。高い理解力を発揮して、周囲の人との関係を深めることができそう。人との繋がりを深めることが、この下半期のキーワードの1つでしょう。

かに座6/22〜7/22


全面的に運気が向上して、様々なところからお金が舞い込んできそうな時期。子どもの頃に憧れていたものを手に入れるチャンスもありそうです。

しし座7/23〜8/22


どっしりと構えて落ち着いて過ごせる時期のようです。目の前のことにあたふたせずに、長期的な目線で物事を考えることができるでしょう。仕事面では大きな安心を得る出来事がありそうです。

おとめ座8/23〜9/22


これまで開くことがなかった鍵が、突然開くような出来事がありそうです。気づいてしまえば簡単な答えが、あなたの人生を大きく飛躍させるかもしれません。熱心に情報収集をすることで、運気が開けるでしょう。

てんびん座9/23〜10/23


不思議なほどに視界が開けて、自分がやりたいことや、やるべきことが見えてくるでしょう。また、楽観的に物事を見られるようにもなりそう。楽しい出来事が目白押しの下半期となるかもしれません。

さそり座10/24〜11/22


人からの深い思いやりを感じて、感動する出来事がありそうです。優しさに甘えるのも、ときには悪くないでしょう。今は誰かに何かをすることよりも、自分自身が感動することを優先すべき時期かもしれません。

いて座11/23〜12/21


思いがけない所から、様々な新しい話が舞い込んでくる時期のようです。友人からのうれしい報告や、仕事における新しい展開など、予想しがたい出来事が起こるかもしれません。

やぎ座12/22〜1/19


知的好奇心をくすぐる出来事がたくさんありそうです。思いがけないビッグネームから話をもらうこともあるかもしれません。

みずがめ座1/20〜2/18


社会のルールだと思って諦めていたことを、覆せるチャンスが来るかもしれません。情熱的な行動によって、人生を自分専用にカスタマイズすることが大切です。

うお座2/19〜3/20


ふとした瞬間にホッと安らげるチャンスがありそうです。自分を元気づけたり、癒すための新しい手法を見つけることができるでしょう。そうやって貯めたパワーで、また新たな挑戦に取り組むことができるはずです。

五十六謀星もっちぃ10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)

?FotoMaximum/shironosov/gettyimages

文・五十六謀星もっちぃ

関連記事(外部サイト)