【長続きカップルあるある】「ずっと一緒にいられるカップル」の共通点4つ

恋人とこの先もずっと一緒にいたいと思っても、ときにそれが難しいこともありますよね。だからこそ、長続きしているカップルがどういった関係性を築いているのかは、多くの人が気になる点かもしれません。そこで今回は、ずっと一緒にいられるカップルの共通点をご紹介します。

無理に合わせない


「今の彼女とは付き合って4年になりますが、お互いに素の状態で付き合えているので一緒にいてすごく楽です。だから、こんなに長く付き合えているんだと思います」(30代・男性・商社)

嫌われたくないという思いから、相手に合わせてしまうこともあるかもしれませんが、それを続けていると疲れてしまいますよね。

価値観が最初から合っていることよりも、それぞれの価値観を受け入れられることのほうが、ずっと一緒にいるうえでは大切なポイントなのかもしれません。

LINEは必要最低限のみ


「付き合いが長くなるにつれて、LINEで長々と話すようなことはなくなりましたね。伝えたいことだけを伝えて、それ以外の日常会話はLINEではほぼしません」(20代・女性・受付)

付き合っていくなかで、LINEで常につながっていようとしたり、長話をしたりすることがなくなったという人もいるようです。

普段から気持ちがしっかりとつながっている二人だからこそ、LINEでは必要最低限の会話や用件を伝えるだけでも良いのでしょう。ただその代わり、伝えたいことはしっかりと伝えるということが大切なのかもしれません。

自由な時間を尊重する


「彼の趣味の時間を奪うのは嫌だから、そこは邪魔しないようにしています。彼も私の自由な時間を尊重してくれるので、変なストレスとかは溜まらないですね」(30代・女性・WEBデザイナー)

長続きしているカップルは、二人で過ごす時間だけではなく、それぞれの時間もとても大事にしているようです。趣味の時間、勉強の時間、友だちとの時間などをお互いに尊重できると、それぞれが好きなことに集中できますよね。

また、お互いのことを信頼し合えているからこそ、それぞれの自由な時間を尊重できているのでしょう。

不満を溜め込まない


「ちょっとそれは違うなって思うことは、ちゃんと伝えるようにしています。それができる関係性だから、長く一緒にいられるんでしょうね」(20代・男性・不動産)

不満は溜め込みすぎてしまうと、どこかで一気に大爆発する可能性もあります。嫌だと思っていることは、こまめに伝えることができればストレスになりにくいはずですし、不満点が改善できれば関係性はより良いものになっていくはず。

ただ、喧嘩腰になったり、上から目線で批判的な言い方をしたりすると、大きな揉め事に発展してしまう恐れもあるので、お互いに伝え方には気をつけたいですね。

長く付き合っていくためには、距離感の保ち方が重要になるようです。過干渉せず、それでいて二人の時間は思いきり楽しむように意識すると、お互いに居心地の良い付き合いを続けていけるのかもしれませんね。

?Denisfilm/Westend61/gettyimages

文・山田周平

関連記事(外部サイト)