【2022年下半期の金運】12星座別「ビッグなお金が舞い込んできそう」なのは誰?

これから始まる2022年下半期のマネー事情が気になる人も少なくないはず! そこで今回は、占い師の五十六謀星もっちぃさんに12星座別の「2022年下半期の金運」を占ってもらいました。

【2022年下半期の金運】

おひつじ座3/21~4/19


安定した収入を得られそうな時期。しかし、自分自身のメンタルの変化によって、余計な出費が増えてしまう可能性も。自分の精神を安定させるために、心穏やかに過ごせる時間を作るようにしてみてください。

おうし座4/20~5/20


金運が全体的に安定する傾向にあるようです。大きなチャンスをつかむためには、自分の力で何かを工夫するというよりも、大地や神仏のパワーを借りるような他力の心を持つことが重要になるでしょう。

ふたご座5/21~6/21


お金に対して自由な考えを持てるようになる時期でしょう。ただ、いつまでも不安な気持ちで足元を見ていると、どれだけ収入が安定しても心は安定しないはず。この時期は、現状の恵まれている部分を正しく認識することが重要です。

かに座6/22~7/22


よいものと巡り会って、生活を豊かにすることができそう。また、宝物を手に入れる時期とも言えるでしょう。ただし、安物買いの銭失いには注意する必要があるようです。

しし座7/23~8/22


年末に向けて、徐々に金運が上昇していく傾向にあるようです。お金の心配をしすぎることなく、目の前に広がる学びの時間を大切にしましょう。臨時収入のチャンスもありそうです。

おとめ座8/23~9/22


節制の感覚を持って、堅実に過ごすことが重要な時期のようです。出費の計画は、慎重に練るようにしましょう。浪費さえしなければ、お金に困らずに過ごせるはずです。

てんびん座9/23~10/23


この時期にお金をどのように遣うかによって、今後の金運が決まりそう。安定した収入に満足している限りは、収入の向上を期待できないかもしれません。現状に満足せず、挑戦し続けていれば大きなチャンスを掴むことができるでしょう。

さそり座10/24~11/22


細かな臨時収入が増えそうな時期。小さなラッキーを見逃さないようにしましょう。現金だけではなく、クーポンや現物による臨時収入も多くなる予感。

いて座11/23~12/21


下半期の金運はなかなか安定しないところからスタートするようですが、年末に向けて徐々に運気がよくなっていくでしょう。最終的には、金銭に恵まれた時期を過ごしたという実感を得ることができそうです。

やぎ座12/22~1/19


お金が必要になれば不思議と収入が入ってくるような、帳尻のあう運気のようです。大きくお金を貯めるのには向いていないようですが、安定した日々を過ごすことができるでしょう。

みずがめ座1/20~2/18


この時期の金運は、自分自身の足で立ち上がり、新しい行動をすることができるかどうかにかかっているようです。会社や他人に頼ってばかりいると、金運の伸びが止まってしまうかもしれません。

うお座2/19~3/20


貯金を切り崩してでも、やらなければならないことがある時期のようです。一時的には金運が低下したように感じるかもしれませんが、それは巡り巡ってあなたの元に帰ってくるでしょう。

五十六謀星もっちぃ10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)

©sarra22/Anna Blazhuk/gettyimages

文・五十六謀星もっちぃ

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?