自分史上最小顔に!? すっきり小顔に導く「筋押しマッサージ」4つ

すっきりとした小顔は、誰もが憧れるもの。フェイスラインやたるみが気になるなら顔の土台となるあごの筋肉を気持ちよくほぐす筋押しマッサージを実践してみて。バランスの整った、自分史上最小顔に大変身!

様々な顔まわりの悩みは、あごの歪みにあり!


たるみ、ほうれい線、二重あごなど、長引くマスク生活で顔の悩みを抱える人が増加。それらを改善しつつ、小顔に導いてくれるのが筋押しマッサージ。考案は、美容整骨師の小顔神HIROさん。

「顔が大きく感じたり、むくんだりする原因は、あごの歪み。あごは顔の土台でもあり、頭がい骨の中で唯一動く『顎関節』があります。下あごはこの関節で側頭筋とつながり、口を開閉できるようになっています。しかし食事をする時、左右均等に使ってモノを噛むのはなかなか難しい。それが筋肉と骨格の歪みを生むのです」

噛みグセだけでなく、口を閉じている時に無意識のうちに行っている食いしばりや、前かがみ姿勢も、あごへの負担大!

「あごを動かす筋肉のうち、過剰に働くものはリラックスさせ、怠けているものは刺激を与えて、バランスを整えてあげることが大事。そこでアプローチするのが、あごを動かす、側頭筋など4つの筋肉。これらを順番に刺激する4つのマッサージで顔の歪みが解消され、リフトアップが叶います」

ポイント


・手だけで行える簡単マッサージ。道具不要、手で押すだけなので、バスタイムやすき間時間を利用して行える。「じんわりと押す『持続圧』がおすすめ。あぐあぐと開け閉めする場合は、口を大きく開ける必要なし。最大に口を開けた時の60~80%ぐらいの開き具合でOK。指で押す場合も無理に押し込まず、気持ちいいと感じる程度にしましょう」

・あごまわりの4つの筋肉を押さえるだけでOK。あごを動かす4つの筋肉だけを刺激するので、顔をこすったり引っ張ったりすることもなく、肌トラブルの心配もなし。「1回でも変化が実感できます。4つのマッサージをセットで毎日行うと、歪みにくくなり、むくみ知らずの小顔に近づけます」。顔の土台であるあごの筋肉が整えば、本来の美しさを引き出せる!

・毎日、朝と夜に1セットずつトライ。おすすめは朝と夜の2回。「どのタイミングで行ってもOKですが、朝ほぐすとスッキリ顔で一日を過ごせるし、夜寝る前に行うとリラックスでき、気持ちよく眠りにつけます」。バスタイムやお風呂上がりは特に筋肉がほぐれやすいので効果的。歪みやむくみは日々発生するので、歯磨きのように習慣化することが大事。

1、側頭筋押し。【左右各30秒】


手のひらをこめかみに当て後ろに押し上げる。食べ物を咀嚼する時に使われることから「咀嚼筋」とも呼ばれる筋肉。口角と耳を結んだ延長線上へ、指先を斜め上に向けて押し上げる。髪をかき上げながら押すと、より筋肉を刺激できる。「噛みグセが悪いと張りやすい筋肉。整えることで、フェイスラインを引き上げられます」

POINT!こめかみの上あたりに位置する筋肉。ここに手のひらを当てた状態で、歯をグッと噛み締めた時にもりもりと動く場所が目印。

2、咬筋(こうきん)押し。【左右各30秒】


ほおに手のひらを当て、口を「あぐあぐ」と開け閉め。あごの筋肉の中で最も使うことが多いのが「咬筋」。無意識のうちに行ってしまう食いしばりによって発達しやすいのが、この筋肉。「口を閉じた時に外に張り出してくる筋肉を手のひらで壁を作るように押さえてあげることで、ほうれい線が改善され、シャープな横顔も作れます」

POINT!頬の外側にあり、頬骨の下からエラの角に向かって走る筋肉。下あごを持ち上げる強い筋肉なので、食いしばった時に盛り上がる場所が目印。

3、外側翼突筋(がいそくよくとつきん)押し。【左右各30秒】


頬骨の奥に小指を差し込み、口を「あぐあぐ」開け閉め。口を開く時に働く筋肉。頬骨の奥を目指して指を差し込むことこそが、外側からできる唯一のアプローチ。「小指の先を差し込んでほぐすことで、口が開きやすくなり、広角の上がった笑顔が作りやすくなります」。小指で押すと痛い場合は、ゴム製のペン先で刺激してもOK。

POINT!あごと頭蓋骨をつなぐ筋肉で、奥深くに位置する。口を開いた時にあごの骨が前に出るので、そのあごの骨と頬の骨の間から圧を加えて刺激。

4、内側翼突筋(ないそくよくとつきん)押し。【左右各30秒】


あごのエラ部分の内側に指を差し込んで刺激。口を閉じる時に働く筋肉。人差し指と中指を差し込んだまま、ラインに沿って揺らして刺激すれば、筋肉がほぐれやすくなる。「エラがすっきりするだけでなく、二重あごの解消にもつながります」。最初は指が入らないほどガチガチでも30秒マッサージするだけでしっかりほぐれる。

POINT!あごのエラの角の内側を狙うように、指2本ほどの幅で指圧。下あごを引き上げる働きをする筋肉なので、下あごの裏側かつ口腔の内側にある。

小顔神HIROさん 美容整骨師、柔道整復師、鍼灸師、自律神経管理士、フェムケア矯正師、日本美容整骨学院の学院長など、様々な肩書を持つ。登録者数50万人以上のYouTubeチャンネル「speed小顔神 HIRO」でセルフケアを配信中。著書に『小顔になる! あごコリほぐし』(ワン・パブリッシング)。

タンクトップ¥7,500(ルルレモン TEL:0800・080・4090)

※『anan』2022年7月20日号より。写真・中島慶子 スタイリスト・武政 ヘア&メイク・浜田あゆみ モデル・柊 有紗(スペースクラフト) 取材、文・鈴木恵美

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?