「子どもが産まれたらうまくやっていけるかな…」妊娠中に夫がマタニティブルーになった理由【おやそだて日記 第2回】

待望の妊娠が発覚し夫と共に喜んでいたものの、つわりが始まり体調の変化を感じ始めた作者。とはいえ症状は軽く、病院での検診も元気な赤ちゃんの様子が知られてご機嫌でした。しかしそんななか、作者は“恐ろしい”と感じたとある出来事に直面することになります。子育てを通して自身も成長していく姿を描いた、まんだ林檎さんの子育て漫画『おやそだて日記』。今回は、妊娠初期の様子が綴られた第2回をご紹介します。

つわり


【おやそだて日記】Vol.5

とても恐ろしかったこと


【おやそだて日記】Vol.6

順調過ぎて…


【おやそだて日記】Vol.7

BABY’S NAME


【おやそだて日記】Vol.8

つわり


【おやそだて日記】Vol.9

どれだけ気を付けていても、赤ちゃんを失ってしまう可能性があることを、まざまざと感じた作者。期待と不安を抱えながらも、赤ちゃんはお腹のなかですくすくと成長しているようです。

Profile


まんだ林檎BL、TL、青年マンガなど幅広いジャンルを手掛ける一方、20年間趣味で子育てエッセイを描き続けている。子どもたちは成人2名と小学生。まだ終わらない子育てと格闘しながらぼちぼち漫画を執筆中。BL作品『コンプレックス』のほか、『LOVE SONG』『一凛〜あなたに出会えた奇跡〜』『ニューノーマル・セックス』など。

作/まんだ林檎

関連記事(外部サイト)