子持ちの人妻ばかりを口説く後輩…職場で本当にあった「男女トラブル」3選

職場で意外と多いのが、男女関係のトラブル。なかには、自分は悪いことは何もしていないのに、厄介な問題に巻き込まれて酷い目にあったという経験談も…。今回は、職場で実際に体験した、とんでもない男女関係のトラブルを聞いてきました。

年上の人妻にばかり手を出す男


「ある時、同じチームで入社3年目の後輩男性から『悩んでいることがあるから、相談に乗ってほしい』と言われて、二人で飲みに行くことになったんです。ところが、その後輩から口説かれてびっくり。私は彼より8歳年上だし、結婚していて子どももいるんです。丁重にお断りして逃げるように帰りましたが、その後もしばらくの間しつこくアプローチされて…。思い切って同僚に相談したら、もっと衝撃的な事実が発覚しました。なんと同僚も過去に同じように彼から口説かれていたことがあったんです。しかも彼女も子持ちの既婚者。どうやらその後輩は、子持ちの人妻フェチだったらしいです。ゾッとしてしまいました…」(梨奈/33歳)

異性に対する好みは人それぞれとは言え、偏った嗜好を職場に持ち込み、仕事上の人間関係を荒らすのは本当にやめてほしいです。

こちらの女性はキッパリと断ったようですが、なかには甘い言葉にそそのかされて、道を踏み外したり、ややこしいトラブルに巻き込まれてしまう人もいるので、気をつけましょう。

やりたい放題の愛人


「支店長と不倫をしていた会社の先輩がいました。本人たちは不倫を隠しているつもりのようでしたが、周りからするとバレバレ。支店長と付き合い始めてからは、先輩は急にやりたい放題になったんです。経費を必要以上に使ったり、チームの反対を押し切って自分のやりたいプロジェクトを進めたり、自分の嫌な仕事を押し付けて後輩をこき使うようになったり…。支店長は彼女のことが可愛くて仕方がないので、何も文句が言えなかったようです」(愛莉/28歳)

職場で不倫しているだけでも十分呆れた行為ですが、ポジションが高い人物と付き合ったからといって、自分まで上の立場にいるのだと思い込んでしまうなんて、勘違いも甚だしいです。

いつか全てを失ってしまうことになりかねないので、すぐにでも足を洗うべきでしょう。

上司に告白されて断った結果……


「直属の上司からある時突然告白されました。上司として尊敬はしていましたが、異性としては見られないので、断ったんです。するとその日を境に、私のことを会社で無視するようになって。会議で私が発言してもスルーするし、話しかけると『忙しい』と言われるし…。あからさますぎて同僚たちも『二人の間に何かあったの!?』と疑い始める始末。フラれて気まずいのはわかりますが、あまりに子どもっぽい対応に心底呆れましたね」(エリ/29歳)

フラれたからといって同僚を無視したり嫌がらせをするのは、大人気ない行為。いかなる場合も公私混同しないようにしたいものです。

同僚を好きになってしまうと、うまくいかなかった後が気まずいので、職場で恋愛をする際はやはり覚悟が必要なのかもしれません。

以上、職場で実際にあったとんでもない男女トラブルを紹介しました。

職場恋愛は自由ですし、同僚同士で付き合ったり結婚をしている素敵なカップルは大勢います。しかし不倫をしたり、人間関係を乱したり、公私混同したり…となると、結果的に仕事における信頼を失ってしまいます。気づけば影で、社内のトラブルメーカー扱いされていた! なんてことのないようにしたいものですね。

©AndreyPopov/Gettyimages©Hinterhaus Productions/Gettyimages©10’000 Hours/Gettyimages

文・小泉 幸

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?