実はあなたに“甘えたくて”…【12星座別】男性が「かまってほしいときに見せる行動」

自分からアプローチをするより、相手の「かまってほしい」というアピールに応じたほうが恋はスムーズに進展することがあるかもしれません。ただ、どういうシチュエーションで絡みたがるのかは人それぞれ。男性がかまってほしいときに見せる行動を星座別にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください!

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)


おひつじ座男性がかまってほしいのは仕事がうまくいったときや、得意分野で活躍できたとき。「職場でこんな出来事があったんだけど」「友だちがこう言ってくれた」と自分が褒められた話をするのは一緒に喜んでほしいからでしょう。

ただ、おひつじ座男性は恋人や好きな人から「すごいね!」と言われたくても、みずから自慢話をするのは気が引けるようです。世間話に紛らわせてさりげなく伝えてくるはず。彼が自分の頑張りを話すときは注意深く耳を傾けるといいでしょう。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)


おうし座男性はスキンシップを好む傾向がありますが、女性にベッタリ甘えることはあまり多くないかもしれません。自分が不得意なことに直面して不自由さを感じたときに、恋人や好きな人にかまってほしいとアピールするでしょう。

「これは何?」「どうすればいいの?」と聞いてくるときは、おうし座男性はサポートを求めているはず。プライドがあるのであからさまに弱音を吐くことはないでしょうが、できないのを隠して見栄を張ったりはしないようです。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)


ふたご座男性がかまってほしいのはさびしさを感じるときでしょう。楽しいことがあったのに話す相手がいないとか、ひとりの時間を過ごしすぎて孤独を感じると連絡したくなるようです。恋人や好きな人の声を聞いてホッとしたくなるのでしょう。

ただ、ふたご座男性には友だちが多い傾向があり、すぐにリアクションがもらえないと別の誰かとつながろうとするかもしれません。ひとりを持て余すかのようなメッセージが届いたら早めに返信するといいでしょう。ノリ良く楽しいムードでやり取りすれば楽しい時間が共有できるはずです。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)


かに座男性は「人のあたたかさに触れたい」と感じたときにかまってほしいアピールをするでしょう。それは肉体的な欲求ではなく、優しさやアットホームなムードを求める気持ちから。幸せそうな家族連れを見かけたり、ハッピーエンドのドラマを見たりすると何ともいえない心細さを感じるようです。

そういうときのかに座男性は「一緒にごはんに行こう」と誘ってくることもあれば、「元気?」「最近どう?」と他愛ないメッセージを投げかけてくることもあるはず。何よりつながることを重視するので、声をかけられたらすぐにリアクションしたほうが良さそうです。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)


心身ともに疲れたとき、しし座男性はかまってほしいと思うでしょう。プライドがあるので自分の弱さはめったに見せないのですが、疲労やストレスが溜まると恋人や好きな人に癒されたいと願うようです。

また、不意に愚痴をもらすとか、普段はしないようなお願い事をしてくるとき、彼はあなたを心から信頼しているはず。弱音を吐いてきたら、叱咤激励するより本人の疲れが癒えるまでは甘えさせてあげると良さそうです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)


おとめ座男性は自信を失ったとき、恋人や好きな人にかまってもらいたいと思うでしょう。ただ、理性的で真面目なおとめ座は露骨に弱音を吐くことはしないはず。むしろ本音は隠してさりげなく声をかけるようです。

場合によっては、「実はこんなことがあってね」と少し負け惜しみを言うかもしれませんが、基本的には好きな人と一緒にいるだけで心は落ち着いていくでしょう。おいしいごはんやスイーツをふたりで楽しむうちに、彼はニコニコと笑顔を浮かべるようになるはずです。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)


てんびん座男性は恋したい気持ちが高まるとかまってほしいアピールをするでしょう。用もないのに話しかけてきたり、特別な記念日でもないのにプレゼントをくれたりして恋人や好きな人の気を惹こうとするはずです。

歯が浮きそうなキザなセリフを言うかもしれませんが、てんびん座はロマンチストなのでノリ良く応じると楽しい時間がすごせるようです。また、彼との関係が付き合う一歩手前で足踏み状態にあるなら一気に交際へ持ち込むことも可能でしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)


さそり座男性は基本的に淡白で他人に対する関心度が低く、本当に好きな人としか絡まない傾向があります。積極的に話しかけたり、アレコレ質問をしたりするのはさそり座男性が恋している証拠。繰り返し声をかけてくるときはとにかく接点を持ちたいと望んでいるでしょう。

一方、すでに交際中であれば不器用に遠回しのアピールをするかもしれません。さそり座は恋人と密な関係を築きたがるので放っておかれるのを嫌う傾向があります。「今何をしている?」「今日はどこかに行くの?」といった質問をきっかけにかまってもらおうとするようです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)


いて座男性が「かまってほしい」と思う場面はそう多くないでしょう。単独行動が得意で自由を好むので、恋人であってもベッタリ絡むのは苦手といえます。そんないて座男性がかまってアピールをするのは面白いことが思い浮かんだとき。「良いこと思いついた」とテンションが高まると話を聞いてもらいたくなるようです。

好奇心旺盛なアイデアマンのいて座は、休日でも深夜でも「コレだ!」と思ったら動き出す傾向があります。また、そんな湧き上がる衝動を共有してくれる人がいればうれしく思うのでしょう。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)


やぎ座男性は何かを失ったり、疲れを感じたりしたときにかまってほしいと思うでしょう。ただ、そういうときは電話をしたり、メッセージを送ったりはしても、対面で会うことは避けたがるかもしれません。「声が聞きたい」「ちょっと話したい」と間接的に接点を持とうとするようです。

落ち込むやぎ座はスイッチが切れように心身ともにオフ状態になるため、そんな姿を好きな人に見られたくないのでしょう。メッセージのやり取りをするだけで気持ちは整い、気力も体力も回復させていくはずです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)


みずがめ座にはサッパリしたお付き合いを好む傾向があるため、かまってほしいと思う場面があまりないでしょう。交際中の恋人にもベタベタ甘えることは少なく、「僕は僕、君は君」と自立した関係を築こうとするはず。

ただ、「今日ははっちゃけるぞ」と気持ちが遊びに振り切れるときは、恋人や好きな人と一緒に盛り上がりたいようです。感性が響き合う人とは何をしても楽しいので、お互いにやりたいことや行きたい場所をピックアップして有意義に過ごそうとするでしょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)


うお座男性は基本的にかまってちゃんなので、恋人や好きな人には何かとちょっかいを出すでしょう。用がなくても連絡をしてきたり、どこに行くにもついてきたりと一緒にいることを大切にするはずです。

とはいえ、うお座は何かにのめり込むと寝食を忘れて集中する面があり、仕事や趣味が忙しくなると急にそっけなくなる可能性も。かまってほしいアピールが多いタイプだけに、意識が恋愛以外に向くと普段とは違う一面が見えてきそうです。

©Ivan Kyryk/mixetto/gettyimages

文・沙木貴咲

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?