映えるアフタヌーンティーも! 人気の旅行スタイル“ホカンス”の魅力

ananトレンド大賞2022“LIFE STYLE”。ここでは、移動はせずホテルを楽しむ、空間とサービスを堪能するバカンスこと“ホカンス”の魅力をご紹介。

ホカンス


美容系に、楽しいアクティビティも!

「ホテル」と「バカンス」を組み合わせた韓国発の造語であり、新しい旅行スタイルとして注目を集めているホカンス。

「旅の目的がホテルにある、ホテルそのものを楽しむバカンスのことです。ホテル自体を楽しむステイの仕方は以前からありましたが、ここ数年のコロナ禍で名前がつき、より普及することに。旅行会社はホカンスを意識したツアープランをたくさん企画し、ホテルもさまざまなサービスを用意しています。特に最近多いと感じるのは、アフタヌーンティーに力を入れているところ。写真に映えることや、お酒を出せない時期があったことが要因では。ほかにも、タラソテラピーができる『ザ・プリンス パークタワー東京』のような美容系や、トレッキングなどのアクティビティが用意されていることも。バーテンダーが作るお酒が飲み放題の『バーホテル箱根香山』のように風変わりで楽しいものもあります。また、景色を堪能したり、ホテル自体のインテリアが可愛いからとステイするケースも。ホテルによって千差万別なので、自分に合うものを探してみてください」(トラベルライター・渡辺由布子さん)

【SUMMARY】・コロナの影響でホテル自体を楽しむ人が増加し、名前も付いた。・ホテルも旅行会社にもホカンスを意識したプランやサービスが続々。

コロナ禍で旅行ができず、ホテルのサービスやアクティビティを目的に出かける人が増加。「ホカンス」という名前がついたことで、旅行会社やホテルも意識、個性豊かなサービスがたくさん登場することに。ラグジュアリーからリーズナブルまで価格帯はさまざま。

東京・竹芝にある「メズム東京」は、2020年4月に開業した、日本の伝統と最先端が調和したホテル。写真の客室は、浜離宮のバックにスカイツリーがそびえ、昼夜問わずTHE東京な眺め。舞台、芸術作品との親和性も高く、その世界観が堪能できるコンテンツが人気。“ロミオとジュリエット”がテーマのランチ&ディナープログラムは’23年2月28日まで、名画をモチーフにしたアフタヌーンティー「アフタヌーン・エキシビジョン」の新作「キス(Kiss)」は11月14日~開催。「アフタヌーンティー、レストランはとても芸術性を意識したもの。アート好きも、ミュージカル好きも、もちろんホテル好きの人も、かなり満足度高く楽しめると思います」(渡辺さん)。チャプター2 キング ガーデンビュー¥74,635~(1泊2名1室/素泊まり) メズム東京、オートグラフ コレクション TEL:03・5777・1111

ワンピース¥19,800 ベッドに置いたジャケット¥36,300 バッグ¥7,920(以上ビューティ&ユースユナイテッドアローズ/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店 TEL:03・6212・1500)

渡辺由布子さん トラベルライター。これまでに47か国を旅したトラベルライターで、国内外のホテル事情に詳しい。現在は東京と湘南の家を行き来するデュアルライフを送る。ヨガインストラクターとしても活動。

※『anan』2022年11月16日号より。写真・山口 明 スタイリスト・野崎未菜美 ヘア&メイク・伏屋陽子(ESPER) モデル・片山友希(テイクオフ) 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?