厚着だから…と油断はNG! “ニットの日”のブラ選び5つのポイント

冬のワードローブに欠かせないニットは、意外と体のラインを拾いやすいアイテム。だからこそ、素材やデザイン、TPOに合わせたブラ選びで、品よくおしゃれにニットの着こなしをブラッシュアップ!

厚着の季節になると、途端に油断してしまいがちなブラ選び。でも、素材がやわらかいニットは、実は体のラインを拾いやすかったり、下着が外にひびきやすく、一歩間違えると太って見えたり、だらしない印象を与えることが。

「最近、特に気になるのは胸の位置が下がっている人が多いこと。ニットだと結構目立つし、老けた感じになってしまいます。ニットを着る時こそ、ブラ選びが大切です」と語るのはランジェリースタイリストの中根菜穂子さん。

そんなニットを、美しく着こなすためのブラ選びで気をつけるべきこととは?

「大前提として、まずは自分のサイズに合ったブラを、正しく着けること。そして、アウターにひびきにくいディテールなどいくつかの基本ポイントを踏まえつつ、着たいニットに似合う胸の形、なりたいボディラインやイメージをメイクできるブラを使い分けて。見えない部分にこだわってこそ、ニットの装いは洗練されるはず」

ニットに合うブラ選びの5つの基本ポイント


BRAGENIC ワイヤレスブラ¥3,300~(アンフィ/ワコールお客様センター TEL:0120・307・056)

【POINT 1】サイドをすっきりさせる3/4カップ。


脇に流れがちなバストをカップ内にとどめる3/4ブラは、体幅内に胸幅を収めて、前から見た時にほっそり見せる。斜め下から中央に寄せる機能もあり、美しい谷間もメイク。

【POINT 2】サイドの広がりを抑える脇高のデザイン。


体のラインを拾うデザイン、素材のニットは、サイドの広がりにも注意。カップの脇側が高めのブラは、バスト流れや脇肉を抑えて、サイドをすっきりと整えてくれる。

【POINT 3】ブラのラインがひびきにくいモールドカップを。


カップ部分に縫い目がなく、丸みのあるバストを作ってくれるモールドカップ。アウターにひびきにくいので、薄手のニットやハイゲージニットなどを着る時は特におすすめ。

【POINT 4】背中に食い込みにくい幅広バック。


ブラが食い込んだ背中はむっちりとした印象。そのハミ肉を軽減するのは、幅広バックのブラ。また、U字バックのタイプは、安定感があり、動きやすくズレにくい。

【POINT 5】バック上辺はシームレスやフラットなレースタイプを。


ふとした瞬間に、背中にはブラのラインがくっきり。ニット着用時にあるこのトラップを回避するには、バック上辺は段差が出にくいシームレスやフラットなレースをチョイス。

着たいニット別・おすすめブラ指南。


正しく選べばおしゃれをさらに垢抜けさせるブラをこの冬、着たいニットに合わせて中根菜穂子さんがセレクト。

ボディコンシャスなニット


タートルネックを着こなすには立体感のあるバストメイクが鍵。ピタッとしたニットの中でも、首から胸にかけてのラインが際立つタートルニット。「かっこよく着こなすポイントは、バストの立体感。3/4カップブラなら、横から見てツンと上向きのシルエットを叶えてくれます」ニット¥35,200 ニットスカート¥42,900(共にbabaco/ショールームリンクス) パールピアス¥9,900(Rakii/Rakii Aoyama TEL:03・6447・5595) パンプスはスタイリスト私物

【ESS by】カーヴィングラインブラ

バストの横流れを抑えつつ、丸みを潰さずに整えてくれるブラ。「バスト位置をしっかり上げてくれるので、タイトな洋服を着る時にはうってつけ。まさにハイヒールを履いたかのようなバストメイクができます」。¥9,240(ESS by)

【サルート】リボンブラ

バストをしっかり支えながらきれいな谷間をメイク。繊細なレースが大人の色香を引き立てる。「着け心地は軽やかで、寄せた胸を一日中キープ。フラットなレースでニットに合わせやすい」。¥8,250~(サルート/ワコールお客様センター TEL:0120・307・056)

ラインがひびきにくいブラで全方位的にすっきりと。


タイトなニットを着る時には、後ろ姿にも気を配って。「背中や脇肉は、シームレスや上辺が折り返している幅広バックのブラで対策を。下着のラインが気になる場合は、ホックレスやバックレスのブラがおすすめ」ニット¥33,000(kotohayokozawa) スカート¥38,500(UNDECORATED/アンデコレイテッド TEL:03・3794・4037) ピアス¥7,700(Rakii/Rakii Aoyama)

【フロラーレ バイ トリンプ】116 ブラジャー パッドなし

刺繍レースがエレガント。「バック上辺が折り返し始末になっているため食い込みにくい。バック下辺はストレッチレースなので締め付け感もありません」。¥9,680~(フロラーレ バイ トリンプ/トリンプ・インターナショナル・ジャパンTEL:0120・104・256)

【Yue】ノンワイヤーブラ

ストレッチ性があり、快適な着け心地のモールドカップブラ。「バックが幅広で、かつ、やわらかい素材なので体に優しくフィットしてくれます。背中にホックがないので、下着による凸凹が気になりません」。¥15,400~(Yue/ワコールお客様センター)

【Intimissimi】シアーバック ストラップレス バンドゥブラ

シームレスのカップにアンダーワイヤーを内蔵。「カップ内側のジェルシールと透明なサイドバンドがフィットし、胸のシルエットをきれいに。バックレスなので後ろ姿はすっきり」。¥4,990(インティミッシミ/H3O ファッションビュロー TEL:03・6712・6180)

中根菜穂子さん 「ランジェリーカレッジ」主宰、「日本ランジェリースタイリスト協会」代表理事。大手下着メーカーに勤務後、独立。下着の専門家としてメディア出演するほか、講演活動も。

※『anan』2022年12月7日号より。写真・嶌原佑矢 中島慶子(商品) スタイリスト・岡本さなみ ヘア&メイク・伏屋陽子(ESPER) モデル・NATANE 構成、文・野尻和代

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?