部屋の壁をかっこよく、いろどりたい! 専門家「グラフィックの要素を」

「大好きなオブジェやアート、カラフルな色彩など、生活に直接必要なくても心を満たしてくれるものがあれば、もっと部屋を大切に思えるようになる」

インテリアスタイリストの作原文子さんはこういいます。オンラインで買える愛すべき“いろどり”アイテムをご紹介。

部屋をいろどる第一歩は壁を飾ること。デザインのいいハンカチやポストカードを手軽なアートと考えて、壁にペタペタ貼ってみる。

「ポイントはグラフィックの要素を入れること。雑誌のコピーでも効果的です。ハンカチも紙も軽いのでマスキングテープで貼れば十分。壁も傷めないし、気分によって貼り替えてもいいですね」

まず主役の位置を決め、少し離れた場所から確認しつつバランスよく余白を埋めていく。貼るもの同士の縦横ラインは揃えず、無造作なカッコよさを目指したい。

「壁が完成したら次に飾ってほしいのが花。明るい色だけでなく、濃い紫やオレンジなど、ちょっと毒々しさのある色を加えると甘くなりすぎずにまとまります」

ハンカチデイリーボブ


デイリーボブは、朝倉充展と朝倉洋美が2002年に設立したクリエイティブユニット「Bob Foundation」の日用品ブランド。壁に貼った大判ハンカチシリーズは、旅先で撮った写真にハンドライティングのメッセージやイラストを載せたもの。軽やかな素材と大胆なデザインのコントラストが新鮮。コットン100%にインクジェットプリント(45×45cm)各1,600

[ゴードン・マッタ=クラーク]ポストカードパピエラボ


世界中の紙と紙にまつわるプロダクトを扱うショップ、パピエラボによるカードセット。東京国立近代美術館で行われた、1970年代のNYで活躍した早世のアーティスト、ゴードン・マッタ=クラークの展覧会に合わせ、アートワークを抜粋してカードにしたもので、印刷は活版。11.8×16.6cmのカード4枚セット。GORDON MATTA-CLARK ART CARDS 900

スノードーム¥9,000(Glas & Licht/リビング・モティーフ ) 花を生けたバケツ¥2,400(PUEBCO ) LAMPADAIRE 1 LUMIERE¥78,000(イデーショップ ) STRIPEPIPED CUSHION SQUARE“ CANOEING”¥6,800(The Tastemakers & Co. ) 青森ヒバ丸太スツール¥28,000(Cul de Sac ) Ana Demanのマグカップ¥5,500(リビング・モティーフ)

オーク材ベンチ・丸脚¥41,667(無印良品 池袋西武TEL:03・3989・1171) CAMPERIORのデイベッド¥78,000(スローハウス天王洲店TEL:03・5495・9471) 右のクッションカバー¥2,800 時計¥9,333(共にイデーショップ 自由が丘店TEL:03・5701・7555) ブランケットにしたタオル、スウェル¥6,000 コットンウールブランケット¥8,000(共にコンテックス タオルガーデン青山TEL:03・6712・5978)

作原文子 日本のインテリアスタイリストの草分けだった岩立通子さんに師事。心地よく・楽しく・自分らしい空間をつくるスタイリングで、男女問わず根強いファンをもつ。『FIGARO Japon』『Casa BRUTUS』など雑誌のほか、ショップや企画展示会のディスプレイ、自身のプロジェクト「マウンテンモーニング」でも活躍。

※『anan』2019年3月6日号より。スタイリスト・作原文子 写真・馬場晶子、山口聡 文・輪湖雅江 ディレクション・柴田隆寛

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)