“痛気持ちいい”がイイ! 簡単“むくみ解消”「リンパマッサージ」

セルフケアエステティシャンのLilyさんによれば、ボディラインが崩れる原因は「老廃物の詰まり」にあるという。

「長時間の姿勢不良や運動不足が続くと、筋肉が硬くなります。するとリンパの流れが阻害され、老廃物を溜めやすいカラダに。“深層リンパマッサージ”はカラダの奥を通っている深層リンパ管を刺激して、循環を促す方法です。深層リンパ管にアプローチしやすいのが、骨のキワと、筋肉と筋肉の間。なのでこのメソッドでは、指の腹をフックのようにして骨に引っ掛け、“痛気持ちいい”強さで押し流すのがポイント。はじめは骨の場所がわからなくても、繰り返すうちにむくみがなくなり、骨に手が届きやすくなります」

まずはお腹を押し流しましょう。

下半身にメリハリをつけたいのに、どうしてお腹のマッサージをするの?

「脚から流れてきたリンパ液は胃の裏あたりにある“乳び槽”に一度回収されます。お腹まわりに老廃物や血液が詰まっていると、いわば栓がされた状態で、いくら下半身のマッサージをしてもむくみが抜けきりません。いったん掃除をして、いらないものが流れるスペースを作ってから他の部位をマッサージしたほうが、痩せやすくなるのです。時間がないときは、お腹だけマッサージをしても効果がありますよ。一連の流れを3回、呼吸を止めずに行いましょう」

(1)そけい部からスタート。

低めの段差に片足を乗せる。両手の指先をそけい部に当て、トクトクと脈打っている場所を探し、軽く押す。

(2)骨盤の横まで押し上げる。

そけい部から骨盤の横まで、腰骨に沿って真上に押し流す。指の腹全体を使って、圧はやや強めに内臓を寄せるイメージで。

(3)肋骨のキワに沿って中心に。

骨盤の横から、今度は肋骨のキワに沿って、手のひら全体でカラダの中心に向かって両手で交互に押し流す。

(4)みぞおちまで押し流す。

押し流した最終地点は胃の裏あたり(乳び槽)。集めてきた老廃物をここに捨てるイメージでぐーっと押し込む。逆側も同様に行う。

Lilyさん セルフケアエステティシャン。独自のマッサージを開発し、オンラインサロンやInstagram等でセルフマッサージ法を発信。著書に『10日間で、あなたの体はヤセたがる。』(KADOKAWA)。今回のメソッドについて、インスタライブ(@lilypresents)で詳しく解説します。4月30日(火)22時開始予定。

ブラトップ¥7,500(ハニーミーハニー TEL:03・5774・2190) ショーツ¥4,600(ニューバランス/ニューバランス ジャパンお客様相談室 TEL:0120・85・0997)

※『anan』2019年5月1日−8日合併号より。写真・中島慶子 スタイリスト・福田麻衣 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) 取材、文・黒澤祐美

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)