【節約クイズ】スーパーよりお得!? 食料品が安い意外な場所って?

小さな浪費は貯金の大敵。「まぁいいか」と思っていたら、10年、20年と積み重なると、大きな損になる可能性も。ここでは見過ごしがちな家計の無駄をクイズ形式で出題。節約アドバイザー・和田由貴さんが解説してくれました。

Q. 閉めておくだけで年間1000円弱も節約になるのは?


A. 温水洗浄便座のフタ「温水洗浄便座のフタを開けておくと放熱し続けるので、不使用時は閉めることが大切。節電機能を使ったり、暖かい時期は設定温度を下げたり切ることもおすすめです。ちなみに、温水洗浄便座には、お湯を保温する貯湯式と、使用時に一瞬で水を温める瞬間式があり、前者のほうが電気代が高くなりやすいです」

Q. 食品や日用品がお買い得な、意外なお店はどこでしょう?


A. ドラッグストアと家電量販店「最近のドラッグストアには、薬を“ついで買い”してもらうことを狙って、食料品を置いているところが多いです。食料品でもうけようと思っていないため、牛乳やお菓子が激安価格で販売されています。家電量販店で販売しているシャンプーや洗剤、お酒も同様の理由で安い。おいしいところを上手く利用しましょう」

Q. まとめ買いをすると、結果的に損をする可能性があるものとは?


A. お菓子や飲み物などの嗜好品「まとめ買いには節約マインドを邪魔しやすい一面が。お菓子やカップ麺、アルコール飲料は、買い置きがあると思うと空腹じゃなくても口にしたり、“もう一本飲もう”と無駄に消費する可能性が高いです。また、トイレットペーパーなどの消耗品も、買い置きがあると節約して使おうとしなくなるので、要注意です」

Q. ネットスーパーが実店舗よりも浪費防止になる2つの理由は?


A. 予算の管理と在庫の管理ができる「ネットスーパーの魅力の一つは、商品をカートに入れるとすぐに合計金額がわかり、予算内での買い物がしやすいところ。また、自宅で冷蔵庫の中身を見ながら注文できるため、食材のかぶりやロスが減ります。一定額以上を買うと送料無料になるケースが多いので、送料が気になる人は米など大物を買う時に活用を」

Q. 一人暮らしの人が100円ショップで買うべき商品は?


A. 調味料「“100均だから何でもおトク”というのは間違いです。ビニール袋や排水口用ネット、コピー用紙などの日用消耗品は、単価を考えるとドラッグストアやホームセンターで買うほうが安い場合も。でも、調味料や香辛料などは通常よりも少量で売られているのでロスが少なく、一人暮らしでも使い切れて便利です」

Q. 海外旅行をお得に楽しむなら、ぜひチェックしたいものとは?


A. LCCのSNSとメルマガ「格安航空券といえばLCCですが、メールマガジンを登録したり、SNSをフォローしておくとセール情報がたくさん入ってきます。これまでには、台湾往復1万円とか、就航記念を祝した片道1000円以下の爆安セールも。ジェットスター、エアアジア、バニラエア、ピーチあたりをマメにチェックしておきましょう」

Q. 利用シーンによって、レンタカーよりお得に移動できるサービスは何?


A. カーシェアリング「スマホで予約でき、どこでも借りられるなど何かと便利なカーシェアリング。15分単位で予約できるものもあり、また、予約時間の途中で返しても乗った分だけ支払えばよく、料金もガソリン代込みなので、レンタカーより安く使える場合が多いです。また、車を購入する場合と比べても、高い維持費を節約できます」

和田由貴さん 節約アドバイザー。「節約は、無理をしないで楽しく!」がモットー。TV出演や記事の執筆、講演など幅広く活躍。著書に『月3万円貯まるムダなし生活術』(ナガオカ文庫)など。

※『anan』2019年5月29日号より。イラスト・とくながあきこ 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)