俺を馬鹿にしてる…? 男が残念に思う「女性の言動」3つ

ついもっと話をしたくなる、人懐っこい話し方の人がいますよね。反対に、もう話をしたくなくなるような喋り方の人も、たびたび見かけます。今回は、ライター・牧ぐりこが男性のみなさんに「残念に思う女性の話し方」について聞いてきました!

文・牧ぐりこ

すぐ自慢話がはじまる


「取引先との接待があったのですが、その時に出会った女性が『話下手』だったんです。どんな話題も、全部自分の話にしてしまう。話題のレストランやフードの話には『行ったことある! あそこは〇〇で〜〜』とうんちくを語りだし、最近僕が手がけた仕事について話したら『知ってます! 〇〇なところが特徴なんですよね』とオチまで話しきってしまう。ふんふん、と相づちを打って話を聞くことができないんですよね。なんでも知っている、わかっている、というマウントを取りたがるので、次第にイライラしてきてしまいました……」(31歳・エンタメ)

なんでも自分の話にすり替えてしまう人、男女を問わず見かけますが、会話をする気が失せてしまいますよね。特に、せっかちで相手の話にかぶせるようにしゃべる人は要注意。話題を広げたり感想を言うタイミングは、相手が気持ちよく話し終わってからにするよう、意識してみては?

専門用語を多用する


「コンサルの元カノは、2人きりで話をしているときも業界用語を使っていました。例を挙げたらきりがありません。借家に光WiFiの工事をするため『ステークホルダーにネゴらないと』じゃなくて『大家さんに相談しないと』って言えよ! おいしいカレーを食べて『スパイスとハーブのシナジー感じるわ』は『スパイスとハーブが効いてておいしい』って意味なんだから格好つけずに褒めろよ! とか…。付き合い初めのうちは気にならなかったんですが、だんだんとお高くとまってるように思えてしまいました。コンサルって、どんな相手にでもわかりやすく話をして、業務を整理したりする仕事ですよね。僕が気持ちよく聞ける言葉を選んでほしかったのに、と思ってしまいました」(34歳・IT系)

耳慣れない言葉を多く使われると、なんだか自慢されているような気分になること、男性相手でもありますよね。気持ちのいいコミュニケーションのために、言葉づかいを振り返ってみてはどうでしょうか。

片頬で笑う


「この間、友だちに女性を紹介してもらったんです。顔や雰囲気が好みのど真ん中だし、サバサバした性格も好感がもてました。でも話をしていると時々、片頬だけで『ニィ』っと、小馬鹿にしたように苦笑するんです。そのたびに『俺、何か変なことを言ったのかな』とドギマギしました。正直、いい気はしなかったですね…。BBQなどの集まりで何回か会ううちに、悪気がないことがわかりましたが、あの笑い方はやめてほしいです…」(28歳・証券)

自分のクセには、なかなか気づけないものです。相手を不快にする振る舞いがないか、気のおけない友達にアドバイスを求めてみては…?

以上「女性の話し方」エピソードでした。「こんな女性は嫌だ」と思うのと同じくらい、こういう話し方をする男性も嫌ですよね…。男女を問わず、気持ちのいい話し方を心がけたいものです。

?Photodjo/Gettyimages?Drazen Zigic/Gettyimages?Deagreez/Gettyimages

関連記事(外部サイト)