ちょっとズレてる…?男が引いた「30代彼女のLINE」4選

年齢を重ねると、少しずつ生活スタイルを改めなくてはいけなくなってきます。男性との付き合い方でも、年相応のものを求められるでしょう。そこで今回は、“30代彼女のLINE”について、男性たちにちょっと引いてしまったパターンを聞いてみました。

文・塚田牧夫

1:「永遠の24歳だから」


「彼女の誕生日が迫っていました。当日、どうしようかとLINEでやり取りしてたんですね。そこで僕がなんとなく、“34歳か……”と呟いたんです。そうしたら、“永遠の24歳だから”と返ってきました。

まだ言うか……という感じでした。そこで、去年もそんなやり取りをしたのを思い出しました。去年は確か、“永遠の20歳だから”と言ってました。永遠のはずが、歳を取ってる……」ムサシ(仮名)/34歳

さすがに“永遠の20歳”を名乗るのは気が引ける年齢になったと思ったようで、ちょっと遠慮したようです。でも、どうせなら“永遠の20歳”を貫いたほうが、男性としても突っ込みやすいかもしれませんね。

2:「花金はどうしてるの?」


「今の彼女が、7歳上なんです。その彼女とまだ付き合う前、お互い連絡を取り合うのも遠慮がちになるぐらいのころです。彼女からLINEが来ました。“花金はどうしてるの?”と。

花金……。久しぶりに聞いた言葉でした。文字にして見たのは初めてだったかも。そこでちょっと年齢差は感じました」ヨウタ(仮名)/28歳

死語を使われると、年齢を感じてしまうことはあります。でも、冗談で使う場合もありますよね。ただ、文字にしてしまうとリアルで、冗談とは伝わらないかも。

3:「あの女ムカつく」


「彼女は同い年で、友だちの紹介で会った子でした。なので、共通の知り合いも多いんですね。彼女はちょっと口が悪いところがあります。“あの女ムカつく”とか言ってきたりします。

“嫌い”“クソだ”などのLINEを送ってくることもあります。30歳を過ぎて、よくそれだけ人を嫌いになれるもんだなと、引くところもあれば、エネルギーがすげえと感心するところも」リキ(仮名)/32歳

30歳を過ぎれば、そろそろ寛容さも身に付いてくるころです。多少の腹立たしいことも我慢できるようになってくるはず。それにも関わらず、人を嫌いだと言ったり、罵詈雑言を吐いたりするのは、良くも悪くも精神がまだ若い証拠だと言えるかもしれません。

4:「そろそろ遊んでる年齢じゃないよね?」


「彼女は2歳上。そんな彼女の友だちに、現役バリバリの女性がいます。毎週のようにクラブに行って遊んでいるようなタイプです。あるとき、その子の誕生日パーティーがあったらしく、SNSに派手な写真があがっていました。

彼女と“見た?”みたいなやり取りをLINEでしていました。そこで彼女が、“そろそろ遊んでる年齢じゃないよね?”と言ったんです。“そろそろ”という言葉が引っ掛かりました。とっくに……ではないかと」アキト(仮名)/35歳

男性としては、年齢に対する感覚に差を感じたのでしょう。まだ遊んでもいい……と思っている節があるところに、警戒してしまったかもしれません。

“男が引いた30代彼女のLINE”をご紹介しました。

今回ご紹介した彼女たちのLINEを反面教師にして、日頃から節度のある発言を心掛けましょう。

?SIphotography/gettyimages?shapecharge/gettyimages?yacobchuk/gettyimages

関連記事(外部サイト)