金がないから出産は…妊娠中に激怒した「死んでも忘れない夫の言動」

妊娠。それは女性にとって人生の一大イベント。特に初めての妊娠は、不安も楽しみも多く、ワクワクドキドキでいっぱいになるのではないでしょうか。しかし、そんな女心を知らない男性は、想像以上にひどい言葉を妊婦に投げかけてしまうことも。今回は、妊婦が絶対に忘れないと誓った、夫からの衝撃の言葉をご紹介します。

妊娠中、腹が立った夫のひと言


心身ともに不安定になりがちな妊娠中の妻に対して、世の夫はいかに鈍感なものか。最低すぎる夫の言動を集めました!

夫の「お金ないから、やっぱり産むのやめよう」に絶望


「数年の不妊治療で授かった待望の子。赤ちゃんのための資金のことで夫と言い合いになった時、『お金がないから、産むのをやめよう』と夫が衝撃のひと言。その日は大泣きして、離婚を考え義母に電話。結果、主人が義母から怒られたようで謝ってきました。結局、父親になる不安から言い放ったひと言だったようですが、私の心をボロボロにした言葉は、墓場まで絶対に忘れない」(32歳・会社員)

いくらケンカ中の言葉とはいえ、酷すぎるひと言。確かに、男性は女性よりも親になる意識が芽生えるのが遅いとは言いますが、やはり許せません!

ケンカ売ってる!?「お相撲さんみたいな歩き方するね」に傷ついた


「初めての妊娠、初期は想像以上につわりが辛く、地獄のような日々でした。やっと終わったと思ったら後期はお腹の圧迫に苦しむ日々。そんな時、夫に『お相撲さんみたいな歩き方するね』と言われました。その言葉で、『ああ、私って女としてみられてないんだ。この先、どうなるんだろう』と不安に。何気なく言われた言葉でしたが、とても暗い気分になり、今でも忘れられません」(35歳・会社員)

妊娠中の女性の体の変化は、本当にすごいですよね。お腹がぐんと前に出るだけでなく、数cmだった子宮が、臨月には胃や腸だけでなく肺や心臓まで圧迫して大きくなり、息苦しさやむくみ、便秘、頻尿などさまざまな体の不調に耐えなければならないケースも。赤ちゃんのために頑張る母体の体型について発するひと言には、もう少し気を使って欲しいものです。

あなたの子ですけど!? 他人事なセリフにイラっ!


「妊娠中、保育園の見学に行かないとと思い夫に相談した際、夫が『いいよ、ついてくよ』とひと言。まるで他人事のような言葉に驚愕。「え、あなたの子のことですよ?」と突っ込みたくなりました。私は、そのほかの出産準備をひとりでしていたのに、さらに保育園リサーチも私がして、お前はただついてくる気なのか、といい加減ブチ切れそうになりました」(33歳・会社員)

親になる自覚が遅くなってしまう傾向にある男性は、何をしたらよいかわからず、赤ちゃん関連の準備はどうしても妻任せになってしまいがち。ただでさえイライラしがちな妊娠中。男性はもう少し妊婦の思いを察するべきでしょう。

妊娠中は、男女の意識の差が浮き彫りに!?


妊娠の辛さや不安は、当の本人にしかわからないことがたくさんあります。また、ホルモンバランスでイライラしやすかったり、感情的になりやすい時期でもあるため、夫の何気ないひと言が深い傷を作ってしまうことも。一見幸せいっぱいに見える夫婦にも、いろいろと問題が潜んでいるんですね。

?PredragImages/Gettyimages?gpointstudio/Gettyimages

関連記事(外部サイト)