すごく美人っぽい! “色気ヘア”アレンジ3選

男性からも女性からも愛される、色気漂うニュアンス美人に近づく“ヘアアレンジ”をご紹介! ヘア&メイクアップアーティストのGeorgeさんが教えてくれました。

軽やか束感


掴めそうで掴めない。軽快に、気まぐれに。

髪全体をくるくるとカールさせるスタイルは可愛いけど、少しあざとい雰囲気も。動きのある外ハネワンカールならヘルシーな色気が演出できる。軽やかに見せるために根元はふんわりと仕上げつつ、ナチュラルな束感を仕込むのがポイント。毛先を外ハネに統一してくびれを作ることで、曲線が強調されて女性らしさがグッと増す。シーンに応じてゆるくひとつにまとめても、こなれた印象になり。

1、ブロッキングして、毛先を外側にワンカール。


髪全体を8〜10くらいにブロッキングして、32mmのコテで毛先を外巻きにワンカールさせる。長時間アイロンをあてると熱でパサつきや傷みの原因になるので、軽くカールがつく程度に、2秒くらいあてれば十分。

2、ジェルワックスを中間から毛先に揉み込む。


ジェルワックスを手のひら全体や指の間にしっかり馴染ませ、髪全体の中間から毛先につける。手ぐしでとかしながら揉み込むとムラになりにくく、程よい束感が作れる。根元はふんわりさせるため、何もつけないでOK。

ウェット感と巻き髪を夜までキープ。保湿効果が高く、ナチュラルなツヤが出る。ニゼル ドレシア ジェリーM 90g¥1,800※美容室専売品(ミルボン お客様窓口 TEL:0120・658・894)

3、毛先をつまみながら、残ったジェルをつける。


毛束がパサついていると色気から遠ざかってしまうため、手に残ったジェルワックスを毛先につけ直して。軽やかな動きを出すために、表面にある毛束を取りつつ、毛先を優しくねじりながらつけるのがポイント。

シースルーバング


透けて見える肌がフェティシズムを刺激。

絶妙な抜け感を醸し出せるトレンドのシースルーバングは、普段隠れているおでこや眉がちらりと見えることで、いつもと違うクールな表情に。重めの前髪は子供っぽく見えたり、暗い印象になりがちなため、前髪をサイドに流して厚みを調整しつつ、最後にムースで束感をプラス。ロールブラシでナチュラルなカールをつけることで、ペタッとせずに軽やかな空気感が生まれやすく。

1、ロールブラシでブローして、軽くカールさせる。


前髪全体をドライヤー&ロールブラシで内巻きにカールさせる。カールがついていないと髪がサイドに流れにくいため、カールがつくまで丁寧にブロー。もし寝癖があったら、水で根元を濡らして乾かしてからロールブラシを。

2、前髪の上の部分を取って、両サイドによける。


写真の線で囲んだ部分のように、前髪の上の部分をサイドに流す。センターに残す前髪とサイドの髪がぱっくり分かれていると顔が大きく見えてしまうため、サイドの髪とつながるようにバランスよく前髪を整えて。

3、ムースを手に馴染ませて、前髪の毛先につける。


スタイリングムースを前髪の中間から毛先へつけて束感を出す。毛先をつまむようにしてツヤを出すと、きちんと手入れが行き届いている印象に。サイドに流した前髪はスプレー、あるいはピンを使ってホールド。

広がらず、濡れたような潤い・ツヤ感を演出。スタイルに輝きをプラスし、一日中しっとり感が持続。サロンスタイル スタイリングムース(ウェットスタイル)150g オープン価格(コーセーコスメポート TEL:03・3277・8551)

ふんわり後れ毛


絶妙な隙が醸し出す、忘れがたい色香。

タイトにまとめたヘアは強さや攻めの色気があるのに対し、後れ毛が見えるゆるいヘアは、守ってあげたくなる、あどけない色気を感じる。後れ毛から首筋や耳が控えめに透けて見えることで、女性らしさを強調。パサついた髪は疲れているように見えるから、まとまりのある質感はマスト。ベースの髪を32mmのコテでランダムに巻いておくと、結びやすく自然な動きも出しやすい。

1、もみあげの下部は残しつつ、上部は耳にかけて結ぶ。


髪を耳の高さでひとつに結ぶ。その際、前髪、こめかみの毛をひと束、もみあげは多めに残す。もみあげは上下半分に分け、上半分を耳にかける。耳にかけた後れ毛が動くたび揺れて、首やうなじが見え隠れする様も色っぽい。

2、髪の毛全体を引き出す。耳に自然とかぶさるように。


結び目を押さえながら、後頭部の髪を2cm幅目安につまんで引き出す。毛束を数回に分けて優しく引き出すことで、自然な抜け感が醸し出せる。顔まわりもふんわりと立体感を演出すれば、大人っぽさと女性らしさをプラスできる。

3、オイルを手に馴染ませて、手ぐしで後れ毛につける。


後れ毛がパサついていると貧相に見えるため、オイルで潤わせて、まとまりを出すのも忘れずに。オイルを少量指に取り、指全体に馴染ませてから後れ毛につける。手ぐしでつけることでムラになりにくく自然な束感が出る。

オイルとセラムが髪の奥まで浸透し、潤いとツヤのある髪に仕上げる。パンテーン プロブイ ミラクルズ ヴィタフュージョン デュアル アクティブ オイルセラム 21g×2¥2,000*編集部調べ(P&G お客様相談室 TEL:0120・021・327)

Georgeさん ヘア&メイクアップアーティスト。元美容師の経験を生かしながら、現在はヘア&メイクとして活躍。女優やモデルからの支持が厚く、テレビ、女性誌、広告等の現場を中心に引っ張りだこ。リアルなトレンドメイクが人気。

ニット¥15,500(アッシュスタンダード/サンエー・インターナショナル TEL:03・6748・0350) リング¥25,500(プリュイ/プリュイ トウキョウ TEL:03・6450・5777)

ジャケット¥27,000(デミルクス ビームス) スカーフ¥11,000(マニプリ) 共にビームス ハウス 丸の内 TEL:03・5220・8686 イヤリング¥14,500(ルーカス ジャック TEL:03・6438・0178)

ブラウス¥36,000(リト) イヤーカフ¥26,000(ヒロタカ) 共にビームス ハウス 丸の内 バレッタ¥27,000 コーム¥16,000(共にプリュイ/プリュイ トウキョウ)

※『anan』2019年10月23日号より。写真・Nobuko Baba(SIGNO/モデル) 多田 寛(アイテム) スタイリスト・武政 ヘア&メイク・George モデル・甲斐まりか 取材、文・三谷真美

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)