蟹座は頼もしい彼女が嫌い…!? 12星座別「彼の嫉妬ポイント」

前はあんなに優しかった彼だったのに、最近は冷たい……。そう感じている方も多いのではないでしょうか。もしかすると、知らないうちにあなたが彼を嫉妬させているからかもしれません!そこで今回は、占い師の夏目みやびさんに“12星座別「彼の嫉妬ポイント」”をご紹介いただきます。

文・夏目みやび

12星座別「彼の嫉妬ポイント」


牡羊座(3月21日〜4月19日生まれ)


牡羊座の彼はリーダーシップを発揮しながら突っ走りたいタイプであり、どちらかというと気持ちのまま動く熱血漢。なので、彼が熱く語り出したら聞き役に徹すること!

彼の意見に口を出して冷静に物事を分析したり、それが彼よりも合理的だったりすると、嫉妬してしまい険悪なムードになってしまうかも。

牡牛座(4月20日〜5月20日生まれ)


牡牛座の彼は安定を求めて、変化を嫌うところがあります。ですから恋愛においても、恋人ができると保守的になりがちです。

恋人が飲み会などで自分よりも他の人と楽しくしている様子を見ると、他の人に取られてしまうのではないかと、嫉妬してしまうかも。「友だちだから」という理由では納得しないので、彼の前では異性に優しくしない方が無難です。

双子座(5月21日〜6月21日生まれ)


双子座の彼は多芸多才ではあるけれど、どこか器用貧乏な面があるようです。ですから、彼が得意とするものをサラッとこなしてしまったり、彼よりも評価が高くなったりしてしまうと、嫉妬の対象に。

たとえば、彼とのカラオケは彼より点数が出ないように工夫した方が良いでしょう。彼の良い面や才能を褒めたり、彼のことを応援したりする姿勢が大事です。

蟹座(6月22日〜7月22日生まれ)


蟹座の彼は保護本能が強いので、とくに恋人には、子猫を守るがごとく優しく接したいタイプ。彼女が自分より頼もしいと、嫉妬してしまったり、恋愛対象にならなかったりする可能性があります。

また、ベーシックなモノを好むところがあるので、自分より奇抜な格好をしている女性には戸惑ってしまうかも。

獅子座(7月23日〜8月22日生まれ)


獅子座の彼は主人公タイプ。自分が中心に立ってリーダーシップを発揮することで、周りを盛り上げたいようです。だからこそ、自分と似たようなムードメーカーには思わず嫉妬してしまい、やる気がなくなるかも。

彼が目立つような場面では一歩引くことが重要です。彼の引き立て役を買って出れば彼からの好感度も上がるでしょう。

乙女座(8月23日〜9月22日生まれ)


乙女座の彼は繊細な面があり、注意深く、丁寧に行動するようなところがあります。もし恋人が派手に活躍しているようなタイプなら、思わず嫉妬してしまうかも。

彼女がSNSなどで話題になったり、「いいね」の数が多かったりすると嫉妬の対象になってしまうかもしれないでのご注意を。

関連記事(外部サイト)