ギャップに萌える…! 男を瞬時に惚れさせた「女性の行動」6つ

世の中には、たったひと振る舞いで男性のハートを簡単に鷲掴みしてしまう女性もいるようです。今回は、男性6人にそんな女性の話を伺ったので、紹介します。

文・東城ゆず

酔った後のギャップ


「社内でも頼れる姉御として、バリバリと仕事をこなす女性がいました。その女性と仕事のことが話したくて、二人きりでバーに行った時のこと。まじまじと僕の目を見つめて“かっこいいですよねぇ”と甘えたように言うのです。ギャップ萌えが半端なくて、気になる存在になっちゃいました」(Hさん・38歳男性/営業)

ギャップに弱い男性は多いのです。悪い絡み方をしないのであれば、あえて酔ってギャップを見せるのもありでしょう。

さっと差し出された絆創膏


「仕事の繁忙期が長い間続いていました。なんとか乗り切り、プロジェクトがひと段落したところで開催された慰労会で、つい飲みすぎて転んでしまって……。自分でも“何やってんだ”と思ったところ、ある女性がサッと絆創膏を差し出して“擦りむいてます”と微笑みながら僕を起こしてくれたんです。その瞬間に恋に落ちました」(Iさん・28歳男性/コンサルタント)

ふとした気遣いが男性の心を射止めた瞬間ですね。男性のプライドを傷つけない対応もグッドです。さりげない場面でも優しさを見せる女性は、どんなシチュエーションでもモテることができるでしょう。

困っている人を助ける


「ルックス、性格ともに悪くはないけれど、異性としては見られない女性がいたんです。話は合うので、彼女がいない僕は定期的に一緒に出かけていました。ある時、一緒に歩いていたら、道に迷ったおばあちゃんに会いました。道案内だけしてあげるのかと思ったら“家まで送り届けてくる。待っててね”と笑顔でその子が言うんです。一気に好感度アップですよ」(Kさん・41歳男性/経営者)

お年寄りに優しくするなど、困っている人に歩み寄れる女性には、包容力を感じますよね。誰にでも平等に思いやりを持って接することができる女性に、男性は惚れてしまうようです。

さりげない間接キス


「居酒屋で飲んでいる時のこと。正直ほかに“いいな”と思っている女性も同席していたのですが、ある女性が“ねぇ、これりんごジュース?”と僕に聞きました。“お酒が入ってたら、酔っちゃうから飲んでみて”と僕に渡してきて。飲んだんですけど、レモンが濃いめのサワーでした。間違えるはずないのに、僕と間接キスを狙っていたのかな」(Aさん・38歳男性/マスコミ)

さりげなく間接キスに誘導しているのが、この女性の可愛いところ。バレバレの駆け引きも、男性は可愛いと思えます。なかなか落とすことができない男性には、アピールとして使ってみるのも手。

誠実さに惚れ直す


「僕がアプローチして振られた女の子がいたんです。最初から脈なしだと思っていたので、電話でもLINEでも早く振ってほしいと思っていたのですが、僕の会社の前まで来て“気持ちに応えられなくて、ごめんなさい。会ってお伝えしたかったんです”と。その誠実さに、ますます恋心が燃え上がりました」(Hさん・32歳男性/電子メーカー勤務)

振ったときの誠実な対応に、男性が惚れ直してしまったパターン。とにかくモテる女性は、礼を重んじるところがありますし、言葉遣いも丁寧です。

一人だけ付箋が貼られている


「僕の会社では15時になると、事務の女性がお茶菓子を持って来てくれるんですよ。事務の女性に“はい”と渡されたお菓子には、可愛らしい付箋が貼ってありました。“今度、お茶を飲みに行きませんか?”と控えめに書かれた文章。他の男性は、付箋が貼ってありません。これは、もうドキドキです(笑)」(Sさん・29歳男性/エンジニア)

特別扱いは男性が喜ぶポイントでしょう。いやらしくない特別扱いで、男性の気分を上げてみて。周囲にバレないように、配慮するのも忘れないように。

男性がキュンとするポイントを知っておくことで、男性を射止められる確率も上がります。これから冬にかけて、人肌が恋しくなる時期。恋人作りの参考にしてはいかがでしょうか。

?Zoriana Zaitseva/shutterstock?DisobeyArt/shutterstock?Rido/shutterstock

関連記事(外部サイト)