結婚すると思ってたのに…長年付き合った彼にフラれた理由3つ

5年とか、ときには10年とか、長い間ラブラブだったのに、なぜか結婚できずに別れちゃうカップルっていますよね。というか、長い間“付き合っている”というのは、どこかのポイントで、結婚に踏み切れなかった……という側面があるのかもしれません。そういう長年付き合っているカップルは、結婚もできないが、別れることもできない……という袋小路に陥りがちですが、“別れる”となってしまうきっかけはどこにあるのでしょうか? 男性に聞いてみました。

文・塚田牧夫

他に超好きな人ができた


「なんとなく遊びの浮気はしながらも10年くらい付き合っていたんだけど、ある時、本気で超好きな女ができた。

それで長く付き合ってた彼女と別れたんだけど、超好きな女とも結局うまくいかず、次に付き合ったリハビリ彼女と結婚。それは長く続いたんだけど、また他に超好きな女ができて、離婚。

そして、そのときの超好きな女と再婚したけど、また離婚。俺はダメな男ですよ。でも、自分に正直に生きているだけだから。とはいえ、そういうことしてると女を傷つけると分かったので、もう誰とも真面目に付き合わないことに決めました」(ケンジ/37歳)

ケンカした


「ずっとずっとこのままじゃいけないと思ってたんだけど、俺たち。もう好きという気持ちはなかったから。

でも、ずっと一緒にいるから、大切な人という気持ちはあって、大事にしたいと思っていたし、責任もとらなきゃとも思っていた。

でも、ケンカをきっかけに『別れよう』と自然に言えた。よくあるケンカしないカップルだったんですよ。ずっと。ケンカするくらいなら、付き合う意味がないって、そういう考え方は似ていたところがあり。

でも、本能的に惹かれなくなっていたんだよね。まだ若かったし、他の女性と付き合ってもみたかった。ずっと心で思っていることって、ケンカとか感情的な場面になるとスッと出るものなんですねぇ」(ユタカ/30歳)

就職した・転職した


「3年とか5年とか、付き合うと長いですけど、だいたい就職とか転職とか、生活の変化が転機となって別れますね。

やっぱり、職業とか、そういうの全部ひっくるめて自分なので、その部分が変わってしまうというのは、結構大きいと思うんですよ。

休みが合わなくなるくらいなら乗り越えられるかもしれないけど、話も合わなくなってくるし。俺はのめり込んでしまうタイプなので、仕事に。そうなると、それまでの彼女と続かなくなりますね」(H/31歳)

男が、長く付き合っていた彼女と別れたきっかけをご紹介しました。「きっといつかはこの人と……」と信じて、長い間付き合ったのにフラれてしまっては、自分の大切な時間がとてつもなく無駄になってしまいます。

「この人かも!」という男性と出会えたら、お互いの気持ちがホットなうちに、結婚できるといいですね。

?Joe Therasakdhi / shutterstock?Maksim Fesenko / shutterstock?4 PM production / shutterstock

※2018年9月3日作成

関連記事(外部サイト)