アレを変えたらモテた!…「めげずに恋をつかんだ」女性たち3選

婚活で約1000人の男性と出会い、年下夫を射止めたライター・かわむらあみりがお届けするコラム【結婚引き寄せ隊】連載第31回は、婚活中に見聞きした、へこたれてもめげないで恋をつかんだ女性のエピソードを3選お届けします。

1. あえての癒し系女性


【結婚引き寄せ隊】vol. 31

それは、20代後半から30代後半までの男女が集まる飲み会に参加していたときのこと。そこに参加していたなかに、一見地味な印象の女性Aさんがいました。「趣味はお料理です」と、にっこりと微笑みながら小さな声で話すAさんは、口調もゆっくりとしていて、ほのぼのとした雰囲気が漂っていました。

飲み会に誘ってくれた友人以外とは初対面だった私は、男性だけでなく、女性についても「どんな人が集まるのかな」と思っていたので、参加者の様子を見ていました。

会社帰りの平日夜に開かれた飲み会ということもあってか、男性陣は疲れているようで、ハキハキものを言うタイプの女性よりも、自分の話を静かに聞いてくれる女性のほうが人気がある感じです。

そういう意味において、Aさんは完璧です。疲れたサラリーマンたちを目の前に、「疲れた人にはスタミナ料理を作ってあげたくなります」とささやき、まわりの男性陣もデレデレしていました。

家庭的な一面を強調できる料理のことだけはアピールするものの、それ以外は自分の話も聞かれたらする程度で、小出しにしていて、基本は聞き役になっています。

癒し系といえるAさんは、その日の参加女性のなかで、一番男性からの「連絡先教えて」攻撃が多かったのですが、それも納得。その日は一次会だけで解散となったのでそれぞれがバラバラに帰っていったなか、Aさんを含む参加女性の半分が同じ帰り道だったこともあり、もう一軒、女性陣で立ち寄ることに。

すると、席についてメニューを開くなり、「さん、どうする? 〇〇さんは? ハイ、じゃあ私はこのお酒で、店員さーん!」と注文を仕切って、大きな声で店員さんを呼びオーダー。あれあれあれ……?? 

さっきまでのささやきボイスは? おっとりAさんはいずこに!? とプチパニックになったのですが、よくよく話を聞いてみると、いままでハキハキしすぎて男勝りな印象を持たれがちで婚活は失敗続きだそう。

ある日、「私は癒し系になる!」と決めて、そのように振る舞っていたらすこぶる評判がいいので、初対面では必ずそうしているという話でした。

でも、もし癒し系でおっとり系だと思った男性と付き合ったら、バレるのではという質問に、Aさんは「そのときはそのとき! とりあえず、付き合うまでいけないから、最初ぐらいはコレで」ということでした。その後、飲み会にいた男性とめでたくおつきあいすることになったそうです。

パートナーをつかむためには、Aさんぐらいたくましいほうがいいのかもしれませんね。

2. ひたすらチャンスを狙い続ける女性


それは、婚活パーティに参加したときのこと。高収入の男性が集うパーティだったこともあってか、女性参加者は早々に満員御礼となっていました。なんだかんだいっても、やっぱり経済力を重視しがちな女性は多く、私も興味津々で参加。そこに、Bさんという女性も参加していました。

そのパーティでは、最初に自己紹介で男性が席をまわったあとはフリータイムのみとなり、自ら気に入った人のところへ行って話しかけるか、話しかけられるのを待つというスタイル。

ずっとBさんだけを見続けていたわけではありませんが、パッと目にするだけでも、Bさんはあるひとりの男性のところにしょっちゅう話しかけに行っていました。

それはこのパーティで最も人気が高いであろう、いわゆる三高の男性で、ほかにも女性たちがまわりを取り囲んでいて、なかなかBさんとふたりで話せるシチュエーションではありません。そのうちどんどん時間が過ぎ、パーティの終了時間が迫っていました。

参加者が帰り支度をはじめて席につこうと静かになったそのとき、Bさんはササッと小走りでお目当の男性のもとへ向かい、「今日は〇〇さんにお会いできただけで幸せです」と、目を潤ませて笑顔で伝言。もちろん会場中の人々からの注目を集めましたが、そんなことはおかまいなしに最後に気持ちを伝えたBさん。

結果、「お名前は何ですか?」と、その男性からの興味を引き、そのあとふたりでどこかへ消えていきました。人気のある男性だからといって、尻込みしていたらつかめなかったご縁ですが、ひたすら好機をねらって最後の最後にBさんがとった行動が、相手に良い意味でのインパクトを与えたようです。

3. 愛嬌で勝負する女性 


それは合コンに参加したときのこと。そこに「今日で合コンに来るの今月4回目」と言う、少しふくよかなCさんという女性がいました。Cさんはそこにいるだけでまわりが和むような明るい人柄で、ちょっとしたことでも「わっはっは」と大きな声で笑う、愛嬌のある女性。

さまざまな職種の男女が集まって、映画や音楽の話に花を咲かせていましたが、時間が経つにつれてなんとなく「今度この映画一緒に行こうよ」などと、カップルができている様子でした。それぞれがいい感じの雰囲気になるなか、Cさんのまわりには、男性の姿が。

「話しているとなんか元気出るわ〜」と言う男性に、「そうでしょー!」と笑顔で答えてわっはっはと笑うCさんの姿は、微笑ましい感じです。最終的に、Cさんは何人かの男性と次の約束をしたそうで、実はこの日一番のモテ女性だったことが判明。

Cさん、今までにも何度か合コンに参加したけれど、「私なんて……」という意識があって、なかなか笑顔で男性に接することもできなかったのだとか。ですが、さすがにそれではダメだと思い、じっとしていないでいつもの自分のままでいようと決めて参加した今回、うまくいきました。

やっぱり、いつも笑顔で明るい女性は、それだけで人を惹きつけるものですよね。

婚活していると、男女ともに、いろいろなタイプの人たちに出会うこともあります。みなさんもすてきな恋愛を謳歌してくださいね。

?Dimitri Otis/Gettyimages?bernardbodo/Gettyimages?Juanmonino/Gettyimages


関連記事(外部サイト)