マンネリ解決にアレが必要!…「ずっとラブラブ」でいられる秘訣

ananwebのインスタグラムで「性のお悩み」を募集したところ、たくさんの悩みをいただきました。そちらを、レス人でおなじみの三松真由美先生に分析、回答していただく、レス人番外編第五弾!

文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ

【レスなひとびと 番外編】vol. 5

マンネリエッチで気持ちがはいらない。鮮度レスのセックスライフ放置していいのか


ananインスタに寄せられるエッチのお悩みの数々、今回は「フレッシュな頃が懐かしい…」と考えながらいたしてしまっているみなさんの声をピックアップ!

「エッチは男から誘うと飽きるから女からも誘ってほしいと彼氏に言われました。かわいく色っぽく誘う方法などありますか?」」

「遠距離から念願の同棲が始まり、早くもHのマンネリ化がありそうな予感です。生活感が出てきてしまい、始めるタイミングやムードが中々整いません。女性らしくいなきゃと思う反面、気張らずに落ち着いてこのまま生活をしたいとも思います。マンネリ化から脱却しつつ、自分が心地よい生活を彼の前でもし続ける方は可能なんでしょうか」

「いつも受け身でしかないけどそれでも大丈夫なのか不安。こっちからも何かしたほうがいいかわからない」

「毎回体位がワンパターンすぎておもしろくない。してほしいプレイなどをどう彼にリクエストしたら良いでしょうか?」

はい。たかが2年、3年セックスしている彼氏とすでに「マンネリ」と感じる乙女心。わからなくもないですが、甘いですよ。甘い。みなさんは、結婚をなんと心得る? 一生です。30歳で結婚したとしたら ほぼほぼあと70年、同じひととセックスするのが前提です。(人生100年セックス、を推奨しております!)

「飽きてきたからエッチしない」と、一瞬でもセックスを辞めてしまうと一生セックスレスになります。一瞬の気の迷いが一生の後悔に通ず。

では、どうすればマンネリを予防できるか問題。

こればかりは、コレで一発解消! という一般論がないのです。豚骨ラーメンが大好きな彼氏に、讃岐うどんを食べさせるのが難しいようなものです。

“カレの好み”プラス“自分の好み”を上手にマリアージュする方法を試行錯誤する。つまりマンネリ解決には、実験が必要。カレの好みを知ることや、新しい刺激を与えることを試みながら、随時実行する。

寄せられたお悩みの内容からもチラリとカレの望みが見え隠れするではありませんか。マンネリ原因は自分かなと気づいてるかたもいる。

まず女性から誘ってほしいカレ。お付き合いが長くなってくると、いつもは受け身でおとなしい彼女に上目遣いで「し・た・い・な」とおねだりされるとキュンする男性もおります。

しかし、「し・た・い・な」おねだりと、いきなりカレのズボンおろしてペロペロ始める能動的アクションをどう使いわけるかがポイントです。後者に憧れるカレもいるので。

女性からのワイルドセックスが、新鮮で嬉しい男性もいれば、「ゲ? こんなことするやつだったの」とドン引きする男性もいる。

してほしいプレイや斬新な体位をリクエストしたいあなた。プレイの階級を決めておいたほうがよいでしょう。

シックスナイン 立ち松葉 着衣セックス 宅配便のおにいさんのコスプレプレイ 手首縛り 目隠し氷攻め 穴開きパンティ使用

etc. 無限に続く

などの要求を分類し、「これくらいならダイジョブそう」と階級が低いステップから、ひとつずつおねだりするのです。ドン引きされそうなら、笑顔でごまかす。「いつかしてみたいな。なんちゃって」です。

ここの見極めと、TPOを察する能力を磨いてこそ「マンネリセックス打破の達人」へと昇格できるのです。

ほかの相談で、

「彼は動画、写真を撮る習性があり、やめてほしいのですが、なぜ男性は撮りたがるのでしょうか?」

というのがありました。まさに、カレの好みがストレートに把握できているではありませんか! お二人は上等な関係性です。

「なぜ写真を撮りたがるの」に答えなどあるわけない。セックスは自由なものです。撮りたいから撮る。リベンジポルノが怖いなど、問題もあるので、そこは「私の見てる前ですぐ消してくれるならいい」などリスク対策しながら進行してください。

『飽きないセックス』という本まで書き、人生100年時代のセックスを提案しているわたしとしては、結婚前のピヨちゃんや新婚カップルが「マンネリです」と悩むなんて、まさに「100年早いわっ」とカツを入れたくなります!!

三松 真由美恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にHanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察し、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。日本性科学会会員。ED診療ガイドライン作成委員。20代若者サークルも運営し、若い世代の恋とセックス観にも造詣が深い。

関連記事(外部サイト)