「オンライン飲み」が超盛り上がる!…事前に準備したいアイテム3つ

今、巷で話題の「オンライン飲み会」。 外出自粛になってからすでに数回、オンライン飲み会を開催した筆者が声を大にして言いたい、飲み会が何倍も楽しくなったアイテムをご紹介します。

文・小田原みみ

終電を気にしなくてよい、自分が好きなものを好きなタイミングで食べたり飲んだりできる、店員さんを気にしなくてよい、安上がり、遠方や海外にいる友人と一緒に飲める、想像以上に楽しい…etc.そして、出歩かないから新型コロナウイルスの感染予防になるオンライン飲み会。なんだかいいことづくしです。これまでに数回「オンライン飲み」を開催した筆者が、かなり使えたと感じたグッズを紹介します。

1. 卒業アルバム


懐かしい同級生たちとのオンライン飲み会。近況報告である程度盛り上がった後は昔の恋愛話で盛り上がるのがお約束。これまで、友人と外で飲んでいる時に「実は、〇〇くんが好きだったんだよね〜」と言われても、昔のことなので忘れていたり、そもそも覚えていなかったりで「誰それ? 知らない」で終わってしまうことがよくありました。

ところが先日のオンライン飲み会でこの話題になった時、友人が卒業アルバムを引っ張り出し、〇〇くんの顔と名前が一致した瞬間「あ〜! 見たことある!」「かっこよかったよね〜」とかなりヒートアップ!

その後「〇〇さんは今どうしてる?」という会話になったり、自分たちの若かりし日々を見て恥ずかしくなったり……。卒業アルバム1冊で想像以上に盛り上がれます。

2. ヘッドフォン


飲み会って、昔の恋愛話や下ネタなど、家族に聞かれるとちょっとマズいネタで大いに盛り上がります。だけど、オンライン飲み会の場は基本自宅。自分の発言はなるべくオブラートに包めばよいものの、友人の発言を制限することはできません。家族がずっと聞き耳を立てているわけではないのですが、やっぱり気になってしまいます。

そんな時のマストアイテムがヘッドフォン。ひとり暮らしの方でも、テレビや外の騒音を気にせず、相手の声を拾え、万が一の近所への声もれも防げるので、ストレスなく楽しめます。また、人数が複数になるほど同時に話してしまい音声が聞き取りにくくなるので、スムーズなコミュニケーションをとるうえでもマストアイテム。自分の声を確実に相手に届けるためにマイク付きだとさらにgood。

3.Snap Camera


外出自粛になって、自宅から出ない日はメイクをあまりしなくなったという方が多いのではないでしょうか? 筆者もオンライン会議がある日など気合を入れる日はメイクをするのですが、元来グータラな性格なのでそれ以外の日は基本的にノーメイクです。

ただ、オンライン飲み会で久々に会う友だちには「少しでもかわいいって思われたい」「老けたなって思われたくない」そんなプライドがどうしても働いてしまいます。とはいうものの、ばっちりメイクでスタンバイというのもなんだか恥ずかしい…。

そんな時におススメなのが「Snap Camera」というアプリ。このアプリとオンラインアプリを同時に起動して使います(ただし、アプリによっては同期しない場合もあり)。オモシロ顔に変身できるフィルターがありますが、特におススメなのが「Makeup Cool」というフィルター。

肌が補正され、まつげが自然と長くなり、アイラインもうっすら入り、リップも血色良くなり、いわゆるすっぴん風メイク顔ができあがります。あくまで自己満足ですが、オンライン飲み会を一緒にしていた友人はみなソッコー、ダウンロードしていました。

今だから楽しいオンライン飲み会


オンライン飲み会のメリットはたくさんあるものの、同じものを食べて「これ美味しいね!」というその場に一緒にいるからこその共感や楽しさはありません。友達と会うためにオシャレをして、メイクをして、お出かけをして、人が作った美味しいご飯を思いっきり食べたい。だけど、今は少しだけ我慢。そんな我慢のときだからこそ、できる範囲で楽しみを見つけていきましょう!

?svetikd/Gettyimages?RgStudio/Gettyimages

関連記事(外部サイト)