2つの質問でわかる!「あなたの肌タイプとおすすめファンデ」診断

ひと口にファンデーション といっても、「パウダーファンデーション」「リキッドファンデーション」「クッションファンデーション」「BBクリーム」などさまざまなアイテムがあふれていますが、アイテムごとに異なる特徴があるのをご存知ですか?また、その異なる特徴から、相性の良い肌タイプというものがあります。今回は、そんな”肌タイプ別オススメファンデーション”を肌診断からご紹介します。

文・中花絵里香

あなたの肌タイプとおすすめのファンデーションを診断!


肌タイプは大きく分けて4つあります。簡単な質問に答えていけば、あなたの肌タイプと、それに合うファンデーションがすぐにわかります。さっそく肌診断へ進みましょう!

Q1. 日中ファンデーションをつけていると、シワが気になる。YES・・・Q2へ NO・・・Q3へ

Q2. おでこや鼻の上のテカリが気になることがある。YES・・・Bへ NO・・・Aへ

Q3.日中顔がテカってしまい、メイク崩れが気になる。YES・・・Cへ NO・・・Dへ

Aタイプのあなたは「乾燥肌」


あなたの肌は常に乾燥している状態です。水分油分ともに不足しており、その肌の状態ではパウダーファンデーションのような固形タイプを使用すると、いっそう乾燥してしまい、パリパリとヒビが入ったようにシワが刻まれてしまうことも。

そこで、あなたに合うファンデーションは、水分、油分といった保湿成分が豊富な「リキッドファンデーション」「クリームファンデーション」がオススメです。

Bタイプのあなたは「混合肌」


あなたの肌は部分的に乾燥している箇所と、脂性の箇所とが混在している状態です。実は女性で最も多い肌質と言われています。冷暖房による慢性的な乾燥にさらされている現代では、肌の水分と油分のバランスが崩れやすくこの状態に陥りやすくなります。

混合肌の特徴は局部的に脂性の症状が起きるため、脂性のところばかりに目がいってしまいますが、実は乾燥による水分不足によって油分が過剰に出てしまうことに原因があります。

そこで、あなたに合うファンデーションは、水分を多く含む「リキッドファンデーション」や、「クッションファンデーション」。乾燥を防げ、テカリにくくなります。

Cタイプのあなたは「脂性肌」


脂性肌=オイリースキンとも言われており、その名の通り正常な肌の状態に比べて油分が多い状態です。脂性肌に「クリームファンデーション」といった油分の多いアイテムを使用すると、油と油で地滑り状態になり、メイク崩れの原因となってしまいます。

油分が多く分泌される春や夏は特に「パウダーファンデーション」や、「BBクリーム」といったマット系に仕上がるアイテムを使用することで、崩れにくくきれいに仕上がります。

Dタイプのあなたは「普通肌」


ノーマルスキンとも言いますが、水分・油分共にバランスよく理想的な肌の状態です。質感的には理想的なので、ベースメイクでは色ムラやニキビ跡といった肌トラブルをカバーすることを意識します。

基本的にどのファンデーションも合います。ですが、肌の質感が良い状態なゆえに、ファンデーションの吸着力がよく薄付きなものでもカバー力が高く仕上がりやすいため、選ぶ時はイメージとする仕上がりより一段軽めなアイテムを選ぶとちょうど良い仕上がりになります。

いかがでしたか。肌タイプに合ったファンデーションを使えば、これまでより仕上がりだけでなく、持続力もグッとアップします。ぜひ試してみてください。

?CoffeeAndMilk/Gettyimages?CoffeeAndMilk/Gettyimages

関連記事(外部サイト)