わざと強がって…「しばらく会えない」彼に送るべき言葉4つ

仕事やそのほかの事情で、恋人としばらく会えなくなることもあるでしょう。そういうとき、かける言葉が大事です。それが距離を乗り越える力になります。今回は、“しばらく会えないときに送るべき言葉”と題して、男性が彼女に言われて嬉しかった言葉をご紹介しましょう!

文・塚田牧夫

「信じてるから」と平気そうに


「長期出張に行く前、彼女と会って食事をしました。そのときに、“心配じゃない?”って聞いてみたんですね。

そうしたら、“信じてるから”と平然と言われました。ちょっと拍子抜けしたけど、信用してもらえてるんだなって思ったら、嬉しかったですね」シロウ(仮名)/33歳

人は期待されると、それに応えたいという心理が働きます。ですから、「信じてる」と言われると、裏切るような行動はとりにくいようです。

でも、あまり思い詰めたように言うとプレッシャーとなるので、軽く伝えたいですね。

「問題なし!」と強がって


「仕事や用事が重なって、彼女と会えない時期がありました。少し時間ができたので、一緒に食事をしたとき、彼女に状況を尋ねたら、“問題なし!”とキッパリ。

大丈夫なんだ……と一瞬思ったけど、やっぱり強がっているのが伝わってきました。早くこの状況を抜け出したいと思いましたね」(仮名)/27歳

あえて強がるような姿は、男性の目に健気に映ります。すると、さらに愛おしい気持ちが募っていく。彼女のために、何かしてあげたいという気持ちが湧き上がってきます。

「今日もお疲れさま」と普段通りに


「繁忙期で仕事が忙しく、彼女と会えない日が続いていたとき。夜に電話をしてみたんです。そうしたら、“今日もお疲れさま”って、普段と変わらない様子で言われました。

こっちは待たせて申し訳ないという気持ちがあったので、その自然な言葉が嬉しかったですね」ユウヤ(仮名)/29歳

会えないことで寂しい思いをさせているんじゃないか……と彼は思っていたのでしょう。でもそれは、遊んでいるわけではなく、仕事のためであって、仕方のないこと。普段通りのねぎらいの言葉は、状況を理解してくれているんだと安心できるでしょう。

「一緒に頑張ろう!」と前向きに


「会えないときは、寂しいのはお互いさま。そこで一方的に“寂しい”と言われてもちょっと冷めます。

そういうとき、“一緒に頑張ろう”って言ってくれたら嬉しいですよね。2人で力を合わせて乗り越えたいと思える」シンジ(仮名)/25歳

ただ「寂しい」と言われても、不満をぶつけられているような感覚になってしまうかもしれません。一緒に乗り越えようという、前向きな言葉のほうが嬉しいはず。それができるのは、愛があるからだと感じられます。

“彼としばらく会えないときに送るべき言葉”をご紹介しました。

「会えない時間が愛を育てる」なんていう言葉もあります。会えないことが、決してマイナスではありません。そこが、2人の愛が試されるところ。愛しい気持ちが湧き上がるような言葉を送ってあげてください。

?Antonio Guillem / Shutterstock?fizkes / Shutterstock

関連記事(外部サイト)