ヌルヌルしすぎはダメ?…ベッド上でヤると「感度が下がる行為」3つ #106

なんだか最近、セックスで刺激されても何も感じない。そんなあなたは、もしかしたらアレが原因かもしれません。感度が下がりやすいNG行為をお伝えします。

文・紫深(sisin)

【女は心で濡れる】vol. 106

「あれ?…何も感じない……」


「女は心で濡れる」を合言葉に、官能エッセイスト紫深(sisin)がお送りするセックスコラムです。第106回目は、女性がオナニーやセックスで感じなくなってしまった原因を調べてみました。

感度が下がることってあるの?


今まで感じていた刺激に、何も感じない??。「もしかして、わたし不感症?」と悩む女性も少なくありません。オナニーする時に気付く場合もありますし、セックスをしている時であれば演技せざるを得ないのが、感度低下の悲しいところです。

そこで今回は、なかなか人には相談しづらい感度が下がった経験や原因について女性に意見を聞いてみました。

1. 強い刺激に慣れてしまう


振動でオナニーがいつものこと……。

「アダルトグッズにハマった時期があって、いろいろ試していたら、どんどん強い刺激じゃないと物足りなくなっていったことがあった。電マの強い刺激とか、ローターでも一番強い刺激とか」(32歳・専門職)「中でイかないと満足できないので、オナニーする時には振動するバイブを使っている。でも、いざ彼氏とセックスした時に思うけど、男性器って別に振動しないし…。心のどこかで、彼氏とのセックスが物足りないって思ってる時に『ああ、身体が麻痺してるのかも』と思う」(30歳・派遣社員)「電マは使いすぎると、それ以上の刺激がなくて感じにくくなる」(28歳・IT、マーケティング関連)

アダルトグッズは、「弱から強」までバリエーションが選べるものがありますが、常に「強」を求めるようになったら注意が必要です。初めは「弱」、絶頂を感じたい時に「強」にするなど、時間の配分を考えたほうがいいでしょう。

2. ローションが必須


濡れるまで待つのが面倒だから……。

「自分の濡れ具合が日によって違うから、すぐにセックスを終わらせたい時は『これ使おうよ』とローションを彼氏に渡しちゃう。ただ挿れるだけのためって感じ…」(31歳・派遣社員)「ローションを使うと挿入口はスムーズなんだけど、実際はあんまり濡れてなくて入った後に何も感じない」(33歳・受付、秘書)「一度ローションを使ってから、ずっと愛用している。自分が濡れているのか、ローションで濡れているのか区別がつかない」(29歳・自営業)

身体から出る愛液は、ローションほどの粘着感を出すのは難しいでしょう。濡れにくさをカバーしてくれるローションですが、時間短縮のために使ってしまうと身体が追いつかないようです。

3. セックス頻度が高い


羞恥心の薄れに気づいたら……。

「セックスしすぎて、『アソコが開いたまま』って感覚になったことがある。私だけなのかな? ユルユル状態というか…」(32歳・専門職)「久しぶりにクンニをしてもらった時はすごく敏感に感じていたのに、週に何度もしていたらだんだん舐められても感じなくなってしまった」(29歳。「ストレスを感じてオナニーで発散していた時期がある。気持ちが良いからとか、欲求不満だからとかじゃなくて、ただ刺激がほしくてしていた。毎日触りすぎると、だんだん感度が下がってくるのが自分でもわかるし、恥ずかしい気持ちさえ薄れていった」(35歳・管理職)

三大欲求でもある「性欲」ですが、適度な距離がないと楽しさを見つけることができなくなりそうです。もし、感度が落ちていると感じたら禁欲はいかが……?

“性”を楽しむには敏感さを忘れずに


感度低下の原因に心当たりがあるという女性は、ぜひ敏感さを取り戻す工夫をしてみてましょう。本来は楽しめていたセックス、オナニーですから、また同じように感じることができるはずです。

?fizkes/Gettyimages?PeopleImages/Gettyimages

関連記事(外部サイト)