補正下着は逆効果!? スキニーパンツが似合う“ヒップの作り方”とは?

露出が増えるこれからの季節を前に、ヒップの美を阻む課題は山ほど。理想のパーツ美を叶えるには「日常生活を見直してみましょう」と語るのは皮膚科医の高瀬聡子先生。「普段の何気ない行動が、実は肌やパーツにとってダメージだったということは、意外と多いんです」。

ここでは「たるみヒップ」と「デリケートゾーン」の悩みについてその解決テクを高瀬先生に教えていただきました。

スキニーパンツをはけない…“たるみ”ヒップ


「ヒップの丸みには筋肉がマスト」


扁平な傾向にある日本人のヒップ。「カラダを横から見ると、お尻と太ももの境が不明」な人は多いはず。「お尻のたるみは筋肉量の不足が原因。一日中座ってばかりだとどんどんたるみます。補整下着でヒップアップする、という人もいますが、それはごまかしているだけ。脱いだときとのギャップが激しく、逆効果かも」(高瀬先生)

解決テク


お肌のハリに効くクリームを塗り込む。

女性ホルモンのエストロゲンは、メリハリボディを作るのに役立つという説が。エストロゲンに似た働きをする「プエラリアミリフィカ」配合のクリームで、肌のハリ感アップを。

筋肉を刺激して肌のたるみも解消!

お尻と太もも裏を使う動作はヒップアップに有効。階段の上り下りやスクワット、運動が苦手ならせめてたくさん歩くなど、とにかく座りっぱなしの生活を改善すること。

USE IT!


メリハリボディ作りをサポートする、濃縮プエラリアミリフィカエキスを配合。バストやヒップの保湿に。DHCB モアクリーム 120g¥4,200(DHC TEL:0120・333・906)

マシンで筋肉を収縮させて、筋肉増量&脂肪燃焼をサポート。特別な日の前に。エムスカルプト 臀部 1回¥80,000(ウォブクリニック中目黒TEL:0120・411・281)

今さら人に聞けない チクチクデリケートゾーン


「セルフ毛抜きはトラブルのもと」


デリケートゾーンのムダ毛については「彼に見られて恥ずかしかった」という声がある一方、「処理方法がわからない」という人も。「抜くと皮膚に刺激を与えて炎症を起こし、色素沈着するのでNG。剃るか除毛クリームで処理して、きちんと保湿しましょう。クリニックでVIOレーザー脱毛を受けるのもおすすめです」

解決テク


STEP1 専用シェーバーで優しく処理。

デリケートゾーンは、凹凸が多い、肌が炎症を起こしやすい、毛が太いなどムダ毛処理に関するハードルがたくさん。剃るときは専用に設計されたシェーバーを使うとスムーズに。

STEP2 ケア後はすぐに、低刺激コスメで保湿。

ムダ毛処理をしたあとは、必ずローションやクリームで保湿ケアを。デリケートゾーンは肌が炎症を起こしやすいので、できれば刺激になりにくい処方の専用アイテムを用意して。

USE IT!


お風呂で使えるシェーバー。2種類の刃と2種類のアタッチメントで仕上がりを調整。VIOフェリエ ES−WV60オープン価格(パナソニック )

カラダと同じ弱酸性で、デリケートな肌を優しく保湿。バリア機能を助けて、外的刺激から肌を守る。メノケアモイストゼリー 55g¥1,000(ジェクス TEL:06・6942・4416)

高瀬聡子先生 皮膚科医。ウォブクリニック中目黒院長。インナーケアにも詳しい。著書『いちばんわかるスキンケアの教科書 健康な肌のための新常識』(講談社)は、美肌のバイブルとして必携!

※『anan』2020年6月24日号より。イラスト・oyumi 取材、文・風間裕美子

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)