マスクでこもる熱対策!…「涼しさ抜群」のファッションコーデ

いよいよやってくる夏。これまでは考えられなかったマスク必須の夏を迎えるにあたって、できる限りの快適さを保ちたいところです。とはいえマスクでこもった熱を逃がすのにも限界がありますよね。そこで今回は、マスク着用時に取り入れたい夏の涼感コーデをご紹介します。

イラスト・角佑宇子

接触冷感効果の高いリネンシャツワンピで快適に


お洋服で涼感を得るにはまず素材選びが大事です。一般的に、夏の代表的な素材はリネンとコットン。コットン素材は吸水性に優れているものの、通気性はリネンほど高くはありません。

真夏並みの暑い日は吸水性だけでなく速乾性に優れているリネンを上手に活用しましょう。プラスアルファで、接触冷感加工を施しているアイテムだとなお可。

ネット通販などでは「接触冷感」で検索をかけると、接触冷感機能付きのアイテムが表示されるので、そちらを参考に探してみてくださいね。

アイテムとしてはシャツでもOKですが、やはり涼しさを重視するならウエスト周りを締めつけないワンピースが一押し。素材自体も軽いので歩くたびにふんわりと風が入り、涼しさを体感できるでしょう。

テンセル ブラウス×スカート


吸水性、速乾性に優れた夏の素材としてもうひとつおすすめなのが、テンセル素材。テンセルに似た素材でよく知られているのはレーヨンなのですが、レーヨン素材はいかんせん水に弱い性質なのでお洗濯が少々デリケート。

汗をかきやすい夏は、着用時も快適でお洗濯も楽なものが良いですよね。テンセル素材のとろみ系ブラウスなら快適さもさることながら見た目にも上品さがあるので通勤ファッションにもオススメですよ。

ボトムスはパンツもOKですが腰回りに汗をかきやすい方は、風がよく入って足さばきの良いスカートで通気性を高めると良いです。インナーは先述の接触冷感効果の高いものを組み合わせると涼しさアップ!

黒は熱を吸収しやすいので避けよう


基本中の基本ですが、黒い服は太陽光を吸収し熱がこもるので注意しましょう。黒マスクも、熱中症になる可能性もあるので避けてくださいね。

吸水性、そして速乾性の高い涼しいアイテムを味方につけて今年の夏を乗り越えましょう!

関連記事(外部サイト)