女性は“モラル”、男性は“顔”!? 恋人に求める条件を調べてみた

実際にパートナーができたその先の動向は? 愛すべきパートナーに求めるものを聞いてみた。

Q.今まで付き合った人は何人ですか? (女性100名)


A.平均1.9人

大体2人が平均的。付き合った人なしも3割。女性の平均値は、約2人という結果に。ただ人数のばらつきが大きく、平均値がとりにくい項目。また、付き合ったことがないという人も3割以上。交際することや両思いに対するハードルが、今まで以上に高くなっている様子。

Q.お付き合いをする時、結婚を意識しますか?


【女性】A.とてもする…22%、少しする…35%、あまりしない…17%、全くしない26%

【男性】A.とてもする…20%、少しする…30%、あまりしない…23%、全くしない27%

意識しない人は半分。結婚への意識も二極化。男女ともに、意識する人、しない人がほぼ半々。結婚する相手と付き合う相手は違うもの、と考えている人も。結婚はしなくてはいけないものだという考えの人が減り、周囲からのプレッシャーが減ったことも影響しているはず。

Q.付き合いを始める時、相手に求める条件は何ですか? (3つまで)


【女性】A.1位…人柄、2位…価値観が合う、3位…モラルがある、4位…収入が高い、5位…趣味が合う/家族を大切にする

【男性】A.1位…人柄、2位…価値観が合う、3位…顔、4位…趣味が合う、5位…求めない

男女の違いが見えたのは、3位に挙がった条件。相手に、人柄の良さと価値観が合うことを求める男女。注目すべきは3位で、視覚重視の男性は、好みのルックスが欠かせない条件。相手にモラルを求める女性が増えたのは、社会的にモラルが求められている影響かも。

Q.いつか誰かと結婚したいと感じますか?


【女性】A.したい…35%、したくない…19%、その時にならないとわからない…32%、どちらでもいい…14%

【男性】A.したい…33%、したくない…16%、その時にならないとわからない…35%、どちらでもいい…16%

結婚をリアルに捉えられない人が半数。「したい」と積極的に答えた人は男女ともに約3割。「したくない」と意思がはっきりしている人以外は、「わからない」と「どちらでもいい」を合わせて約5割。結婚に対して消極的というより、あまり現実的に捉えていない様子。

Q.結婚する時、相手に求める条件は何ですか? (3つまで)


【女性】A.1位…価値観が合う、2位…人柄、3位…家族を大切にする、4位…収入が高い、5位…モラルがある

【男性】A.1位…人柄、2位…価値観が合う、3位…求めない、4位…モラルがある、5位…家族を大切にする

今の時代は男女ともに、人柄と価値観を重要視。男女ともに内面的な要素を重視する人が多数。気になったのは、男性3位の「求めない」。実は女性も6位に登場。結婚を意識した相手は唯一無二の存在。条件など関係ない、とポジティブに捉えているのか、はたまた達観の境地か。

*このアンケートは、23〜39歳未婚の一般女性100名、一般男性100名と、anan総研メンバーを対象に行いました。

愛を深めたいなら、今、目の前に集中して。


「付き合う相手と、結婚相手に求める条件の上位はほぼ同じ。それは人柄を重視する今の傾向だと思います。また、男女ともに自分に自信がないのも特徴。最近、恋人との関係が上手くいかないという相談が増えていますが、これも自信のなさからくる、相手の言動への誤解が主な原因。会う機会が減ったからこそ、コミュニケーションのとり方、言葉の選び方には、今まで以上に注意をする必要があります。感情は、距離が近い相手に強く伝わります。不満や不安は恋人にぶつけても解決せず、関係が悪化する可能性も。過去の不満や未来への不安に振り回されるのではなく、今、目の前の恋愛、恋人との時間に心から集中すれば、事態は好転します」(公認心理師・山名裕子さん)

山名裕子さん 公認心理師。「やまなmental care office」を開設し、クライアントのストレスケアやメンタルトレーニングなどに従事。

※『anan』2020年7月8日号より。イラスト・maegamimami 取材、文・板倉ミキコ

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)