恥じらう姿がたまらない… お泊まりデートで男がドキッとした彼女の行動3つ

付き合い続ければ、お泊まりデートの機会も出てきますよね。お泊りのときはいつもより一緒にいる時間が長いので、幻滅されてしまうことがあるかもしれませんが、その一方で、普段では見られない彼女の意外な一面を知って、彼からの好感度がグンと上がることも。そこで今回は「お泊まりデートでより好きになった彼女の行動」についてご紹介します。

文・和

特等席を譲ってくれる


「仕事帰りに彼女の家に泊まることが多かったんですが、あるとき、一番テレビを見やすい『特等席』を、彼女は当たり前のように俺に譲ってくれていると気付きました。その瞬間、彼女の愛情と優しさで温かい気持ちになりました」(35歳/商社)

食事中やテレビを見るときは、少しでも彼が快適に過ごせるようにと配慮していた彼女。その小さな優しさに気付いた瞬間、彼は彼女のことがもっと好きになるでしょう。それに今度は、自分が彼女をもてなそうと思うでしょうね。

すっぴんを見られて恥ずかしそう


「風呂から出たあと、彼女が妙に顔を隠しているんです。何かあったのかと思って『どうしたの?』と尋ねたら『眉毛ないから、すっぴんを見られるのが恥ずかしくて……』と言われました。

そんなこと全然気にしなくていいのに! かわいすぎて自然と笑みがこぼれました」(28歳/通信)

彼のS心をくすぐったのか、女性の恥じらう姿にドキッとする男性は多いですよね。

一方で、お泊まりデートが増えるとつい素が出てしまいがち。裸で堂々と歩く、彼の目の前で着替えるなどの行為は、彼の気持ちが冷める原因のひとつです。できるだけ控えたほうがいいかもしれません。

「また来てもいい?」


「彼女が俺の家に1泊して帰るとき。少し心配そうに『またお邪魔してもいい?』って聞いてきたんです。

そんなの彼女なんだからいいに決まってるじゃないですか。『当たり前じゃん! またいつでも来て!』と答えつつ、内心この控えめな感じにグッときましたね」(30歳/メーカー勤務)

我が物顔で彼の家に居座るより、やや遠慮がちなほうがまた招待したいと思えるもの。直接言いそびれてしまった場合はLINEでお礼を言いつつ、「また行ってもいい?」と聞いてもよさそうですね。

以上“お泊まりデートでより好きになった彼女の言動”をご紹介しました。

「親しき仲にも礼儀あり」の精神は忘れずに、お互いを尊重しながら、穏やかなお泊まりデートが楽しめるといいですね。

?Luis Alvarez/gettyimages?Ashley Gill/gettyimages

関連記事(外部サイト)