え、本物のアイスキャンディじゃない? “メキシコ発”オシャレ雑貨5選

明るくて陽気な雰囲気のメキシコには、デザイン性の高い雑貨がいっぱい。丁寧なクラフトマンシップを感じられるアイテムが多いのも魅力のひとつ。今回は、これからの季節に活躍しそうなメキシコ発アイテムをご紹介します!

現地職人の手仕事による、アイスキャンディのオブジェ。


ウッドカービングのオブジェは、「アニリンペイント」という塗装を施し、色が褪せていく経年変化も楽しめる。約W150×D50×H18mm Wood Carving Ice Candy各¥4,500(Swimsuit Department/BATHHOUSE JINGUMAE TEL:03・6804・6288)

大きめサイズで、買い物やピクニックのお供に最適。


メキシコ南部のオアハカという地域で、現地の女性によってハンドメイドされている。乾燥したヤシの葉の繊維を使用しているため、軽いのに丈夫なのも嬉しい。W55×H32×マチ15cm パームトート¥7,000(TASTE )

伝統的な「トナラ焼」ならではの深みのある味わい。


世界的に人気が高まっている、繊細な文様と美しい彩色が特徴のトナラ焼。エナメルのような艷やかな質感と、厚みのあるしっかりとした作りで存在感を放つ。φ14×H25cm フラワーベース¥12,000(イデーショップ 二子玉川店 TEL:03・5797・3023)

鮮やかなターコイズブルーで、食卓に彩りをプラス。


食卓ではもちろん、アウトドアシーンでも使いやすい大きめのマグ。ホーロー素材なので直火にかけて、そのまま飲める手軽さも魅力。W180×D130×H95mm メキシコホーローマグカップ¥1,900(松野屋/谷中 松野屋 TEL:03・3823・7441)

素材の良さを存分に活かした、安定の座り心地。


メキシコのレストランや一般家庭で広く使われている椅子で、座面にはマットな豚革を、側面にはスギなどの針葉樹を使用。使うほど表面が滑らかに。φ42×H40cm メキシコ エキパレススツール¥13,000(グランピエ 青山店 TEL:03・3405・7269)

※『anan』2020年8月5日号より。写真・多田 寛 スタイリスト・池田沙織

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)