【ユニクロ、GU】2990円以下 太ももをカバーする「夏の最新パンツコーデ」

脚のお悩みでもよくある、太ももの太さをなんとかしたいという声。ふくらはぎや足首がスッキリしていても、太ももが極端に太いともったいない印象を与えますよね。とくにスポーツ経験のある方は太ももが張って、パンツスタイルが似合わないというケースもよく聞きます。そこで今回は、ユニクロ、GUから太ももの太さをカバーするオススメのパンツアイテムをご紹介します。

イラスト、文・角佑宇子

【スタイリストの体型カバーテクニック術】

【ユニクロ】ワイドクロップドパンツ/¥2,990(税別)


コットンサテンを使用したワイドクロップドパンツ。こちらは脚の付け根からAラインに広がるワイドタイプなので、お尻と太もものラインをすっぽりカバーしてくれますね。ポイントとなるのはこの素材。厚すぎず薄すぎずといった絶妙な生地なのでお尻や太ももの肉感をうまくカバーアップできます。

ただ、身長が低い方にとってはボリューム過多になりやすいシルエットなので、できるだけ試着をしていただくほうが良いです。重たい印象がある場合は、ヒールパンプスでカバーすれば履けるかどうかをチェックしましょう。ヒールを履いてもボリュームが気になる場合は、Aラインタイプのワイドパンツではなく、Iラインタイプのワイドパンツを選ばれると良いでしょう。

【GU】ボタンワイドアンクルパンツZ +E/¥1,990(税別)


GUからピックアップしたのは腰まわりのボタンがかわいい、ボタンワイドアンクルパンツ。こちらはウエスト部分にタックが入っているので、太もものラインも気にせずゆったりして履きこなすことができます。裾が広がるワイドパンツなので、通常のタックパンツに比べればお尻のラインも気にせず活用できますよ。

先にご紹介したユニクロのワイドクロップドパンツに比べると、そこまでボリュームは大きくないので背が低めの方でもスッキリと履きこなせます。こちらのパンツはやや厚みがあるため、丈の長い羽織りものなどを合わせると野暮ったくなるので気をつけて。ボディにピッタリフィットするリブトップスもしくは、程よいハリのあるコットンシャツでバランスの取れたコーディネイトを目指して。

ストレートパンツもおすすめ!


太ももが太い方は、太ももの一番太い部分がジャストサイズとなるストレートパンツを選びましょう。足首にかけて細くなるシルエットのテーパードパンツは場合によって、太ももの太さを余計に表現してしまうので気をつけて。

前から見たときに直線的にまっすぐ伸びるIラインシルエットだと太ももの太さが気にならずに上手に履くことができます。ぜひ、パンツ選びの参考にしてみてくださいね。

関連記事(外部サイト)