恥!「感染症と戦う」は間違い? 使うのに迷う漢字3選

「戦う」と「闘う」、「町」と「街」、「皮」と「革」。使い分けを迷ってしまう異字同訓。特にあるあるな漢字を例文と一緒に簡単解説します! 

文・田中亜子

【漢字クイズ】vol. 8

使うのに迷う異字同訓3選!


ネットやテレビでよく見聞きするあの漢字、いざ自分が使うとなると、あれ、いくつか思い浮かぶけど、どれを使えばいいんだっけ? なんてことありませんか。というわけで、使うのに迷う漢字を集めました。あるある3選、胸のつかえが取れますよ!

「感染症と戦う」は間違い!


正解は、

「感染症と闘う」です。

「戦う」は、武力や知力などを使って争う、勝ち負けや優劣を競う時に用い、「闘う」は、困難や障害などに打ち勝とうとする、闘争する時に使います。「闘う」対象はおもに物体ではなく、かつ競おうともしておらず、自分ひとりが打ち負かそうとするもの。ですから、「感染症とたたかう」は「闘う」になります。対して、「戦う」は相手もヤル気満々な時に選択すればいい、と覚えるといいかもしれないですね。

「戦う」の例文敵と戦う選挙で戦う優勝を懸けて戦う意見を戦わせる。

「闘う」の例文病気と闘う貧苦と闘う寒さと闘う自分との闘い労使の闘い

世論を伝えるフレーズ「町の声を聞きました」は間違い!


正解は、

「街の声を聞きました」です。

「町」は行政区画の一つ、人家が多く集まった地域を言い、「街」は商店が並んだにぎやかな通りや地域を指します。つまり、「事件のあったまちの住民の声を聞きました」ならば、具体的なエリアを指すので「町」を使いますが、例文のように多くの人の意見を聞いた、という意味では「街」を使うんですね。また、街はcity、町はtownと頭に留めておくと使い分けしやすいかも!?

「町」の例文町と村町町役場町ぐるみの歓迎城下町下町町外れ

「街」の例文街を吹く風学生の街街の明かりが恋しい街の声街角に立つ

「皮のジャンパーを買った」は間違い!


正解は、

「革のジャンパーを買った」です。

そんなのわかってるよ! と総ツッコミを受けそうですが、ではなぜ革が正解なのか、きちんと説明できますか? 単によく目にする印象で選んでいませんか? 実は、「革」は加工した獣の皮を言い、「皮」は、動植物の表皮を指すんです。つまり、加工したかどうかが使い分けのポイントですね。また、「皮」には、本質を隠すもの、という意味もあります。それもあって「化けのかわが剥がれる」は「皮」が用いられているんですね。

「皮」の例文虎の皮の敷物木の皮面の皮が厚い

「革」の例文革製品を買う革靴革ジャンパー革細工

以上、使うのに迷う漢字あるある3選をお伝えしました。次回もお楽しみに。

参考資料:「異字同訓」の漢字の使い分け例(報告)(文化庁 文化審議会国語分科会)

関連記事(外部サイト)