彼がとろけちゃうキス…ちょっとの工夫でできる簡単テクニックまとめ

大好きな彼とのキス。幸せな気持ちやドキドキ感と共に、キスで彼を気持ちよくさせたい、ドキドキさせたいと思うことはありませんか? 彼を虜にするキステクをまとめました!

文・小田原みみ

唇を重ねる+αを心掛けて


言うまでもなくキスはあなたと彼の唇を重ねる行為。そのほとんどが唇同士だけど、+αすることで、彼はいつも以上に感じてくれますよ。

「首」に手を回す


「キスをしている最中に、女の子が首に手を回してきたら、こっちの興奮度もグッと一気に上がりますね」(30代・男性・IT)

キス中に女性が首に手を回してきたら、キスに本気になっている感じがするので、男性としてはうれしいもの。さらに、そのまま男性の髪の毛をくしゃくしゃにしたら、激しいキスを演出することもできるでしょう。

ただ黙って男性からのキスを受け入れるだけではなく、感じている様子や興奮している様子を伝えると、男性は確実にドキドキしてくれますよ。

あえて「やや焦らす」


「年上の女性に焦らされながらキスをしたときには、大人のキスに興奮しすぎてメロメロになりました」(20代・男性・飲食)

すぐにキスをしてしまわずに、あえて焦らすのは、男性をドキドキさせるテクニックの王道です。唇と唇が触れるか触れないかのところで止められたら、男性の「キスをしたい」という感情はより大きくなるもの。

また、ちょっとキスが激しくなってきたところで唇を離してみるのも、男性の心を揺さぶる“焦らしキステクニック”のひとつですよ。

※2020年3月22日作成 文・山田周平

キスの焦らし方


恋愛において「焦らしのテク」はテッパンですが、もちろんキスにも「焦らしのテク」は存在します。

直前に吹き出して


「ある女の子と3回目のデート。夜、人通りの少ない道で、ベンチに腰を下ろしました。見詰め合う2人。これはいよいよ……と思いました。

目を閉じて、顔を近付けようとしたとき、“プハッ!”と、その子が吹き出してるんですよ。こっちは、もう……って感じ。余計にキスがしたくなって、隙を狙ってチュッとしちゃいました」タケ(仮名)/28歳

直前に吹き出すなんて、彼女も笑いをこらえられなかったのでしょう。また、3回デートして、関係性もできていたんですね。キス確実……と思っていたところでできないのは、かなりの焦らし。男性としては、次こそ頑張ろう……となります。

指で刺激を


「クラブに行ったときです。外国人の女性と目が合いました。手を振られ、投げキッスまでされたので、これはあるのか……と思い、話し掛けました。

すると、カラダを触ってきて、顔の周りを指先でなぞってきました。唇や耳、首筋といった、敏感な部分を……。そしてキス。めちゃくちゃドキドキでしたが、忘れられないキスですね」ヒロム(仮名)/25歳

慣れた手つきで敏感な部分を刺激されたら、ドキドキもします。早くキスしたい……という欲求が湧き上がることは間違いないでしょう。

※2020年3月8日作成 文・塚田牧夫

男性が夢見るキスはどんなキス?


男性も「こんなキスされてみたい!」と欲望があるようですが、一体どのようなキスなのでしょうか?

されると嬉しいキスのテクニック


「キスする時は、腕を首に回してほしいです」(28歳・飲食店勤務)「そんな雰囲気でもないのに、突然キスされるとドキッとします」(32歳・IT関連)「唇を強く吸われたい。積極的な感じに、すごく興奮します」(32歳・その他)

キスは口だけでするのではなく、全身でするもの。手を首や腰に当てるなど、男性に触れて気持ちのこもったキスを演出しましょう。ドキッとさせるために、緩急をつけるといいかもしれません。

※2020年8月31日作成 文・色葉みみ

「もっとシタい」と思わせる


好きな人とキスしたくなってきましたか? 大好きな彼とキスするときぜひ実践して、彼に「おっ」と思わせてみてくださいね!

関連記事(外部サイト)