彼の12星座別 NGワード!…彼に「言わないほうがいい」セリフ

12星座別に「彼に言ってはいけないセリフ」を占い師の橋本ミシェルさんに教えてもらいました。ついうっかりの一言が原因で「なぜあんなことを言ってしまったんだろう…」と後で後悔してしまったことはありませんか? 気まずくなったり、場の空気が悪くなったりしないように、気をつけたいNGワードについて、ぜひチェックしてみてください。

文・橋本ミシェル

彼の12星座別 彼に言わないほうがいいNGワード


どんなセリフが彼への地雷ワードなのでしょうか。12星座別にお伝えします!

牡羊座(3月21日〜4月20日生まれ)の彼


「男友達とばっかり!」


男友達との関係を大切にしたい牡羊座の彼。男同士の付き合いに理解がないと「面倒くさいやつだな」と思われてしまうかも。男社会の集団の中でのポジションや見られ方を意識しているので、みんなの前では立ててあげると。

牡牛座(4月21日〜5月21日生まれ)の彼


「これ苦手! 食べられない〜」


食へのこだわりや執着心が強い美食家の牡牛座。食の好みが合うかどうかが大事なので、食べ物の好き嫌いが多いのは致命的。うっかり言ってしまったら、最新グルメ情報や好きな食の話題で好感度を上げてフォローをしておきましょう。

双子座(5月22日〜6月22日生まれ)の彼


「なんで他の女の子と話してるの?」


楽しくてライトな感じの付き合い方が好きな双子座の彼。束縛されるのは苦手なので、ヤキモチ焼きみたいなのは、正直ウザいと思われてしまいそう。うるさそうな女だなと思われないように、さっぱりクールに振る舞うのがうまくいくコツかも。

蟹座(6月23日〜7月23日生まれ)の彼


「うるさい子どもって苦手」


家庭的なところに魅力を感じやすい蟹座の彼。子ども嫌いな発言や、将来の幸せな家族のイメージが思い描けないような発言をすると、テンションがダダ下がりに。さりげなく家族の話題を取り入れて、家族を大事にするところをアピールしておきましょう。

獅子座(7月24日〜8月23日生まれ)の彼


「友達の彼氏がお金持ちですごいの!」


他の男性と比べられるのが嫌いな獅子座の彼。自分と比較して他の男性を気に入っているのかと勘違いしたり、プライドがズタボロで自信喪失に陥ったりするほど。うっかり言ってしまったら「でも、あなたが一番よ」とフォローをしておきましょう。

乙女座(8月24日〜9月23日生まれ)の彼


「え? タオルって毎日洗うの?」


どちらかというと潔癖症で細かいところまで気になりがちな乙女座の彼。「だらしない」、「ガサツ」、「ルーズ」はタブー中のタブー。特に衛生面のレベルが自分より低いとショックを受けてしまうかも。石鹸の香りが漂うような清潔感の溢れる女性が好感度大。

天秤座(9月24日〜10月23日生まれ)の彼


「その服なんか変〜」


自分のセンスにこだわりがある天秤座の彼。美的センスや外見を否定するような言葉はNG。「その服どこの? へー〇〇のなんだ。〇〇なところがさすが! オシャレな人が選ぶものは違うね」と、独自のセンスのツボをおさえて褒めましょう。「やっぱりわかる奴にはわかるんだな」と思われたら大成功。

蠍座(10月24日〜11月22日生まれ)の彼


「なんかしつこいよね〜」


一途で情熱的な蠍座の彼。ピュアな分だけ傷つきやすく、一途さが憎しみに変わると、嫌いな女性にはとても冷たくなりがち。「ちょっとやそっとのことではめげないで本当にすごいね!」と、粘り強く取り組む姿勢を褒めてあげるとGood!

射手座(11月23日〜12月21日生まれ)の彼


「今度いつ会えるの?」


追われると逃げたくなる射手座の彼。飽きっぽい彼は、釣った獲物には興味を示さなくなるなんてことも。そっけない振りで簡単に落ちない女を演じて、ハンター気質の彼の追いかけたい欲望を上手に刺激する作戦が効果的。

山羊座(12月22日〜1月20日生まれ)の彼


「今楽しければいいじゃん」


真面目で堅実な山羊座の彼。その堅実さゆえに、将来の人生設計などきちんとした価値観を持ち、合理的ではないことには嫌悪感を抱くことも。彼の信頼を得るためには、今の事しか考えていないような軽々しい発言は避けた方が無難かも。

水瓶座(1月21日〜2月19日生まれ)の彼


「意味わかんないんだけど〜」


独自の個性に自信がある水瓶座の彼。自分が変わっていると言われるのは、実は天才だからと内心で思っているはず。それを理解不可能だと言うような発言はご法度。「もっと知りたい」ということをアピールすると、彼も喜んで話してくれるでしょう。

魚座(2月20日〜3月20日生まれ)の彼


「優柔不断だよね」


優しくてちょっぴりシャイなところがある魚座の彼。現実的な思考が少し苦手で、決断を迫られるとすぐに決めることができずに悩んでしまうことも。決断に時間がかかりそうなときは、しっかり者のお姉さんキャラで、フォローしてあげるのがオススメ。

橋本ミシェルTwitter @MichelHashimoto

?Hero Creative/Gettyimages

関連記事(外部サイト)