プルプル震える…カッコ良すぎる「世界の男前」厳選6人

パリ在住のカメラマン、松永学さんによるパリのイケメンスナップ。パリではなかなかマスクなしのイケメン探しは難しいですが、深呼吸の似合う男たちの登場です。

写真、文・松永学

アレクサンドル 27 歳 アニメーション配給会社


-セーヌ川は寒いですが、アレクサンドルは陽に当たってリラックス。

今、パリの右岸と左岸についてちょっと考えごとをしていました。セーヌは大好きで仕事が終わってから川沿いをよくジョギングしています。今日は寒いですが太陽が出て気持ちいいですね。こうして右岸から左岸を見ているとよくパリを理解できます。同じパリでも様子が全然違うし、人の思考も住む場所によってそれぞれなのです。

日本のことはあまり知りませんが、僕の会社は日本のアニメ『ルパン三世』を配給しているので全編見ました。よくできたアニメでフランスでも人気がありますよ。

スポーツはジダンの影響で小さい頃からサッカーをやっています。室内でやる5人制サッカーは今でも仲間とやっていますが、コロナの影響で体育館も閉鎖中です。

女優ロミー・シュナイダーは理想の女性です。仲間からは渋いねと言われています。歌手のセザリア・エヴォラは大好きで良く聴いています。僕の周りでは「え、誰それ?」と言われます(笑)。

マテオ 20 歳 ソルボンヌ大学学生


-超ご機嫌のマテオは、今後の進路をカフェのテラスで考えています。

晴れていると気持ちが良くてご機嫌です。今は大学で政治学と同時に音楽の講義も受けています。クラシックギターを昔からやっているのでその道もありかな? と思い始めています。クラシックギターをやっている時は真剣でこんな笑顔とは別人ですよ。

日本のゲームは大好きです。特に小さい頃からテニスをやって育ったので、スポーツもののゲームをよくやっています。理想の女性はチャーミングで高貴な女性。スカーレット・ヨハンソンのような美貌をもっているとグッときます。

ジョアン 31 歳 コスメチック販売


-とても優しいジョアンはずっと美容関係で働いています。

5年前からアメリカの『Kiehl’s』というスキンケア、ボディケア、ヘアケア製品を扱うマレのお店にいます。その前は美容師としてサロンやショー関係で働いていました。

パリの好きな場所はお店のあるマレ地区。もともとゲットーで、今も名残りはありますが、いろいろな人がいて、かわいいお店が密集していて散歩するのが楽しいです。

スポーツは10歳からスケボーをやっています。冬にはアルプスに毎年滞在して、スノーボードです。女性は愛嬌があって面白い人がいいですね。音楽はジャズシンガーが好きでニーナ・シモンやエイミー・ワインハウスの歌声にうっとりしています。

エリー 21 歳 料理人


-友達に会いに来たエリーはコルシカ島出身。

コルシカ島はフランス人が夏のヴァカンス滞在をすることで人気です。今はシーズンが過ぎてしまったので、パリに遊びに来ました。友達もたくさんいるし毎日が楽しいです。水のある風景が好きなので、カナル・サンマルタンはよく行きます。人もいっぱいいて楽しそうだし。自由を感じます。

コルシカのバスチアという街のレストランでは、伊勢海老の産地でもあるのでおいしいご飯が食べられます。コロナが終われば、来年は日本の人たちにも来てほしいです。

女性は見かけより中身です。性格がチャーミングでお互い尊敬できる間柄ならベストです。カーラ・デルヴィーニュのファンですが、見かけだけではないですよ(笑)。

テオ 26歳 レストランマネージャー


-テオはいつも昼のサービスが終わってからお気に入りのカフェで寛ぎます。

最近はマスク姿でお客さんに対応するので、いつもより疲れが出ています。お昼のサービスが終わったのですが夜も21時までしか営業できないので、また早めに夜のサービスが始まります。家に帰っている時間はないのでこうしてマスクなしでも寛げるカフェのテラスに毎日通って時間を潰しています。パリの好きな場所はベルヴィルです。いろんな人種文化がミックスされていて面白いです。

マーケティングの勉強をしてから5年間この業界にいるので、日本の食文化にとても興味があります。特に大きな鍋をみんなで食べるアットホームな料理はいいですね。でもこの時期、衛生規制が厳しいのでフランスでは無理ですね。

女性は理解がある人、自立している人、が理想です。女優ではアンジェリーナ・ジョリーは最高の女性です。

ブリス 31 歳 バーマン


-勤め先のライブハウスが休業中。ブリスは刺青マニアです。

『Supersonic』というライブハウスでバーマンとして働いていますが、コロナ関係でいつ再開できるか目処が立っていません。もともとギターをやっていたのでここで交流できるミュージシャンと仲良くなるのも楽しくて、僕の天職だと思っています。

少しずつ刺青を入れ始めて、今では上半身はほとんどを埋め尽くしています。背中には日本風モチーフ。前はアメリカンスタイルです。時間もお金もかかりますね。仕事に戻ってチップをいただかないと(笑)。

女性は考え方が創造的で活動的な女性がいいですね。ブルース好きなので歌手のBig Mama Thorntonはよく聴く女性シンガーです。

関連記事(外部サイト)