そんなコトでも!?…女性約200人に聞いた「友達に嫉妬された瞬間」

あなたは、友達から「嫉妬されているかも」と感じたことありますか? 今回は、20〜30代女性の集まるanan総研メンバー約200人に、「友達から嫉妬された瞬間」を聞いてみました!

文・オリ子

そんなことまで!? 友達からの嫉妬大調査!


友達から嫉妬されたことは、ありますか?


はい 55%いいえ 45%

半数以上の人が、友達から嫉妬されていると感じたことがあるようです。いったいどのような時に嫉妬されたのでしょうか。

友達からの嫉妬を感じた瞬間とは!?


SNSのフォロワーが多いと…


「私のSNSにたくさんフォロワーがついたとき、嫌味なコメントを友達からもらいました」(32歳・専門職)

SNSはフォロワー数が多いほうが「人気がある」「優位なこと」と思っている人も多いのでは? しかし、あまりにもフォロワー数にばかり目が行くと、本当に大事な友達まで失ってしまうかもしれませんね。

上司とのサシ飲みで


「仕事で会社の取締役と仲が良いのですが、楽しく飲みに行ったことろ、次の日に、同僚で友達の子から、『 〇〇(私)が会社の取締役に部署や上司の悪口を言いふらしているらしい』と部署内全体に流された。こんなドラマのようなことが起こるんだなぁとびっくりした」(31歳・会社員)

本人は仲が良い上司と飲みに行っただけのつもりでも、「自分だけずるい!」と恨まれる行動になってしまったのかも!? 会社は毎日顔を合わせる人も多いので、変な噂は辛いですよね。周りの人も誘うなどの気遣いがあると、事態は変わっていたのかもしれません。

妊娠をきっかけに


「妊娠した途端、友人に縁を切られた」 (30歳・自営業)

「私が妊娠したら、妊活中の友達から連絡が途絶えた」(30歳・その他)

こちらは嫉妬とはまた別の心情である場合も。努力をしてもなかなか授からず苦しんでいる人、その悩みを周囲に知らせることもできず抱え込んでいる人はかなり多くいることでしょう。単にうらやましい、だけで連絡を絶ったわけではないかもしれません。妊娠はとてもおめでたいことですが、一方でデリケートな問題でもあることを認識しておきましょう。

「嫉妬」は何の意味がある?


人間の器の小ささがわかるような単純な嫉妬から、嫉妬という言葉では片づけられないような重いケースまでさまざまなエピソードをお届けしました。マイナスな気持ちでいても何も起こらないし、進みません。人間ですから、腐ることは当然あるでしょうが、それは一時的にして、最終的には前向きに捉えることがハッピーに生きられるはず。はたして嫉妬心が自分のためになるのかどうかよく考えて、「自分を大切に」を心がけたいですね。

?Aleksander Rubtsov/Gettyimages?Ivan Ozerov/Gettyimages

関連記事(外部サイト)