不倫相手から年賀状が届いて… 「不倫男性の実家」で勃発した修羅場3選

不倫をしている人は、バレたら大変なことになることは分かっているはず。パートナーだけでなく、実家にまでバレるとなおのこと大変です。しかし、それでも不倫を続けてしまう人も。そこで、“不倫男性の実家で勃発した修羅場”と題して、経験者の話をご紹介していきます。

文・塚田牧夫

不倫のニュースの流れで


「妻と一緒に実家に帰ったときです。昼間からお酒を飲んで、テレビを見ながらくつろいでいました。すると、ある芸能人の不倫のニュースが流れたんですね。

“悲惨だね”なんて話していたら、横で妻が“してるよね?”と僕に聞いてきたんです。ドキッとしました。さらに母まで、“そうなの?”と聞いてくるんです。

何とかごまかそうとしたのですが、妻がスマホを取り出し、母に何かを見せ始めました。それはなんと、僕と不倫相手とのLINEをスクショしたものでした。いつの間に!?

妻と母は泣き始め、父は手をついて妻に平謝り。あまりの悲惨な光景に、僕は途中から記憶が飛びました」マサシ(仮名)/32歳

恐らく妻は、以前から切り出す機会をうかがっていたんでしょう。お酒の勢いもあったんでしょうね。彼としては最悪のタイミングでした。

穏やかな母が逆上


「数年前、妻と一緒に僕の実家を訪れたときでした。実は少し前まで、妻とは僕の不倫問題で揉めていたんですが、修復しかけている時期でもありました。

でもたまに、“不倫してたくせに”みたいにチクッと言ってくることがあったんですね。それを運悪く母に聞かれてしまって……。

すると母が詰め寄ってきたんです。普段は温厚な母の目がカッと吊り上がり、僕の腕を掴んで“すぐに別れなさい!”と激昂しました。別れてるからと伝えても、全く聞いてくれなくて……。あれは怖かったですね。

あとで分かったのですが、以前父も不倫していたことがあるらしく、相当苦労していたのだとか……」タカ(仮名)/36歳

義理の娘を自分と同じ目に遭わせたくなかったのでしょう。実の母に本気で怒られれば、さすがに男性もこたえるはずです。

不倫を告発する年賀状が


「正月に実家に帰ったときです。母親から僕宛の年賀状を2〜3枚渡されたんですね。その中に1枚、小さい文字がびっしり書き込まれた不気味なものがありました。

実は、僕は少し前まで不倫をしていて、既婚であることを隠して女性と付き合っていました。最後は正直に話して別れたんですが、彼女はまだ根に持っていたようで……。

年賀状はその女性からのもの。酷い目に遭ったという内容がつらつらと書かれていました。母親からはさんざん問い詰められました。ただ、妻の目に触れることがなかったのが幸いでした」トモヤ(仮名)/33歳

多くの人の目に触れるよう、あえて彼の実家に年賀状を送ったんでしょう。穏便に別れられる不倫関係はないのでしょう。恨みは簡単に晴れなさそうですね。

“不倫男性の実家で勃発した修羅場”をご紹介しました。

実家で問題が発覚すると、不倫男性一人では解決できないほど大ごとになることがあります。親戚すべてに伝わることだってありえるのです。もし夫に反省を促したいのであれば、彼の実家を使うのもひとつの方法なのかもしれませんが……。

?Milos Dimic/gettyimages?fizkes/gettyimages

関連記事(外部サイト)