必見! 女友だちから「彼の本命彼女」に昇格した必殺LINE4つ

友だちとして付き合っている男性に、密かに好意を抱いている方もいるかもしれません。いったい、どうすれば交際まで発展できるのでしょうか……。そこで今回は、女友だちと正式に付き合った経験のある男性たちに、キッカケとなったLINEのやり取りについて聞いてみました。

「ずっと友だちでいるのは難しいよ」


「彼女とは、もともと仲のいい友だちでした。すごく気が合うし、一緒にいて楽しかったんですね。そこで、“ずっと友だちでいたいな”と軽い気持ちでLINEを送ったんです。

すると、彼女から“ずっと友だちでいるのは難しいよ”と返信が……。今の関係も長続きはしないのかと、急に寂しく感じてしまい、彼女を手放したくないと思うようになりました」カイト(仮名)/25歳

男女の友情を維持するのが難しいと考える人もいます。彼女のやや突き放すようなひと言が、彼の恋愛感情を燃え上がらせたのでしょうね。

「次いつ会える?」


「以前、仲のいい女友だちがいて、彼女がいない時期によく遊んでいたんですね。あるとき、その女友だちから“次いつ会える?”とLINEが来たんです。ちょっと距離が近いな……と思ったけど、“来週”と返したんですね。

そんなやり取りを毎回繰り返しているうちに、自然と彼女と会うのが習慣になってきたんです。ついには、彼女と会えない日に寂しさを感じるようになり……。僕から告白して付き合うことになりました」ミキオ(仮名)/26歳

「次いつ会える?」は、彼との距離を一気に縮める言葉ですが、やや強引なのでリスクも高め。しっかりと友だち関係が築けている場合にのみ有効でしょう。

「ふたりとも好きだから」


「僕には2年ぐらい付き合っている彼女がいたんですが、だんだん関係が悪化したので、そのことを共通の女友だちにLINEで相談していたんですね。

すると、“私はふたりに一緒にいて欲しい”“2人も好きだから”というLINEが女友だちから届きました。本当にいい女性だなと感激しましたね。

結局、彼女とは別れて疎遠になりましたが、その代わりに女友だちと会う頻度が増えていったんです。その後、半年ぐらいで付き合うことになりました」ナオト(仮名)/27歳

恋愛相談をするうちに、相談相手のことが好きになるという、よくあるパターンですね。

交際相手のいる男性をあえて狙いに行くのは避けたいですが、男性から相談を持ち掛けられたらチャンスかもしれません。

「私は尊敬してるよ」


「女友だちと飲みに行ったとき。俺は普段そんなことを他人には話さないのですが、うっかり仕事の愚痴を彼女にこぼしてしまいました。

すると、その日の帰り道、彼女から“もっと自信もっていいよ”“私はアツシのこと尊敬してるよ”と励ましのLINEが届いたんです。

俺のことをちゃんと見てくれている人がいるんだと実感し、彼女のことが好きになってしまいました」アツシ(仮名)/27歳

励ましの言葉をもらって嬉しくない男性はいないはず! 普段親しくしている友人からであればなおさらです。彼が悩んでいるときは、特に効果的ではないでしょうか。

“女友だちから本命彼女に昇格したLINE”をご紹介しました。

すでに友だち関係になっている彼からは、恋愛対象として見られないことも多く、その関係を発展させるには長い時間が必要です。

LINEをうまく使って彼の胸に響くメッセージを送り、じわじわとその気にさせていきましょう!

?Jamie Grill/gettyimages

文・塚田牧夫

関連記事(外部サイト)