売りつけてきた!…彼氏に絶対したくない「注意すべき男性」3選

婚活で約1000人の男性と出会い、年下夫を射止めたライター・かわむらあみりがお届けするコラム【結婚引き寄せ隊】連載第64回は、婚活していると出会う“男性”についてのエピソードです。なかでも、いまでも印象に残っている「婚活男性3選」その21をお届けします。

1. 謙遜していると見せかける男 


【結婚引き寄せ隊】vol. 64

それは30代から40代の男女が集まる、大人数での婚活パーティに参加したときのこと。いつものように次から次へと短時間で「はじめまして〜」と会話をしていく自己紹介タイムで、スーツ姿の男性が私の座っている席へとやってきました。

プロフィールシートを交換し合い、それをもとに初対面同士、会話をふくらませていくのですが、スーツ姿の男性は30代後半ながら高収入を得ている様子。参加男性によってはあまり詳しく書かない年収をしっかりと記入していました。

高収入ですね、などとズバリと言うのもなんだなと思いながらも、これは経済力をアピールしたいのだろうなと「エリートの方ですよね」と言うと、ニヤッと笑って「いやいや、わたしなんて全然ですよ」との返事が。男性が自身を「わたし」と言うタイプは、仕事以外あんまり身近にいないので、ちょっと違和感。

すると畳み掛けるように「でもまあ、同年代に比べれば稼いでいるかもしれませんね」とドヤ顔をしたかと思ったら、何かにハッと気づいたように「いえ、まあ、たいしたことないんです」と謙遜。きっと本音では堂々と高収入ぶりなどをアピールしたいけれど、以前何か高圧的な態度をして失敗したのか、ふっと控えめモードになる変わりかたが気になりました。

経済力はあるに越したことはありませんから、謙遜モードを無理にひっぱりだしてこなくても、ほどほどにしたらいいのになあと思っていたら、すぐに時間終了となって次の男性と会話する番に。結局、その男性とは自己紹介しかお話ししませんでした。婚活パーティのような瞬発力が必要になる場面では、自分のよさを活かせるパターンとそうでないパターンがあるよねと思ったのでした。

2. 温和そうに見えて実は企んでいた男 


それは20代から40代まで、さまざまな年齢や職業の男女が集まる飲み会に参加したときのこと。出会いを求めて婚活中の人もいれば、ただ単に飲むことが好きだという人、誘われてたまたま予定が空いていたから顔を出したという人まで、いろいろいました。

そんななかで、正直なところ外見はそれほどモテそうな感じではないものの、しゃべってみるとものすごくジェントルマンで安心できてしまう、温和な笑顔を見せる30代ぐらいの男性がいました。こちら側の話もよく聞いてくれるし、もちろんダメ出しをすることもなく、ただそっと寄り添う……というイメージで、時折笑顔を見せながら静かにお酒を飲んでいる男性。

その飲み会はそのまま解散となりましたが、しばらくすると、また「今度みんなで集まろう」という飲みの誘いがきました。前の飲み会に参加していた女友達に、また連絡があったが行くのか確認しがてら話していると、なんと温和な笑顔の男性を気に入ったから「積極的にデートに誘った」と言うのです。

でも、続けて耳にしたのは、「なんか売りつけてきた」という話で驚愕。どうやらその男性は、いわゆるマルチ商法というか、デート商法というか、好意をちらつかせて商品を売るという良からぬことをやっているようでした。実際にちょっと接しただけでは、やさしい温和な人という印象しかなかったのに、まさかそんなことを!?  と、その飲み会にはそれから一切行っていません。

婚活していると、いろいろなところでの出会いが本当のご縁につながることもあれば、相手のバックボーンがよくわからないまま交流することもあるので、危ないものには決して近づかないでおこうと思ったのでした。

3. 真冬でも日焼け自慢の男 


それは30代後半から40代後半までと、ある程度大人の男女が集まる、個室お見合いに参加したときのこと。それまで大人数の婚活パーティに参加していながらも空振りが続いて、やっぱり真剣に結婚を考えている割合が高そうな個室お見合いへと、行く先を変えてみたのでした。

なかにはバツイチの男性もいれば、「仕事が忙しくてプライベートをおろそかにしていたらいい年になってしまって」と話す男性など、けっこう正直に淡々と話す参加者が多数そろっていました。ただ、そんななかでインパクトが大きかったのが、こんがりと日焼けした小麦色の肌の男性です。

パッと見ただけで、あれ? と誰もが思ってしまうような、真冬なのに小麦色の肌、そして10代や20代の若者がやっているのは見たことがあるけれど……という襟足長めの個性的なウルフカットのようなヘアスタイルをした、40代の男性がいました。

こちらの視線に気づいたのか、聞くまでもなく「僕ね、アウトドアが好きで、日焼けしてるでしょ?」と言ってきました。近くで見ても、ふつうに太陽の光で焼けるのかな? 冬なのに。日焼けマシンでがっつり焼いているんじゃ、などと考えてしまい、相手の会話が入ってきません。

失礼ながらぼんやり会話してしまい、最後に「ねっ、やっぱり白い肌よりコッチのほうが男らしいから」と、二カッと笑顔を向けられ、「……はい」と作り笑顔を浮かべて返事をしてしまったのでした。

婚活していると、普段は出会わないようないろいろなタイプの人たちに会うこともあるかもしれません。くれぐれも、みなさんもお気をつけて、いい恋をしてくださいね。

?Morsa Images/Gettyimages?Nastasic/Gettyimages?Tom And Steve/Gettyimages


関連記事(外部サイト)