片づけで“世界のKonMari”に! 陰の仕掛け人が明かす、成功メソッド

自分らしく生きるとは? 著書が話題の川原卓巳さんは好きなことで輝いてほしいと言います。迷いを消して自分の魅力に出合い直せる“川原メソッド”をご紹介。

「好き・楽しい・やってみたい」に正直に、自分らしく生きる。


あなたは、今の自分に満足していますか? 「はい!」と即答できる人は、きっと多くはないはず。なんとなく自分の能力に自信が持てなかったり、目の前の仕事が「楽しくない」と感じていたり…程度の差こそあれ、人にはそれぞれ悩みがあるもの。でも、成功している誰かと自分を比べて、「どうせ私には魅力がないから…」と卑屈になっていてはダメ。

「魅力は誰の中にも絶対にあります。ただ、あなたは今“自分らしく生きる”ことができていなくて、自信を失っているのかも。人と比べた外側の自分ではなく、内側にある“ありのままの自分”を解放することで人生はより豊かになります」

そう話すのは、ビジネスプロデューサーの川原卓巳さん。実は川原さん、“こんまり(R)メソッド”で知られる片づけコンサルタント・近藤麻理恵さんの夫であり、“世界のKonMari”をプロデュースした陰の仕掛け人ともいえる方。

「“自分らしく生きる”とは、『好き』『楽しい』『やってみたい』と思うことに正直になる、という生き方です。僕の妻である麻理恵さんも、自分が子どもの頃から偏愛していた“片づけ”に注目し、オリジナルな肩書で活動を続けたことで、今では世界で認められるまでになりました。彼女のように、自分の中に眠る才能を引き出すことができれば、誰でもありのままの姿で輝くことができるはず。『好き』『楽しい』『やってみたい』の対象は、どんなにニッチなことでもいいと思います。むしろ、それがあなたにとって唯一無二の“らしさ”となるからです」

現在、妻の麻理恵さんと共にアメリカで暮らしている川原さん。海外に拠点を移し、日本の現状を客観的に見つめるようになった中で、“自分らしく生きること=Be Yourself”の大切さをより強く感じているのだそう。

「良くも悪くも、日本人には正解を求める生き方が染みついていると感じます。人と違うことをするのが怖くて、周りに歩調を合わせているうちに、“自分らしさ”を見失ってしまう。にもかかわらず、今は個性を求められる時代になり、『自分には個性がない…』と勘違いしてしまう人が多いのかもしれません。だからこそ僕は今、このメッセージを伝えたいと思ったんです。決して『稼げないから』とか『親が求めていないから』『モテないから』といった理由では否定せずに、あなたが夢中になれることを見つめてみてください。心の内なる声はあなたの“天分”です。言語化できないけれどなぜだかどうしても好きなもの。それはあなたの強みです。好きなことを楽しめる毎日は、人生を明るくしてくれますよ」

こんまりさんの成功を支えた“川原メソッド”。


では実際、“ありのままの自分”で生きるには何をすればいいのか。川原さんが提案するのは5つのミッション。

「(1)自分を知る、(2)自分を活かす、(3)自分を発信する、(4)環境を変える、(5)自分を磨くことです。1つめの“自分を知る”では、自分が興味を持っていることや得意なことを掘り起こし、自分という存在の本来の形を知ることが目標。2つめの“自分を活かす”は、自分の持っている能力を発揮できる場所を探すというもの。3つめの“自分を発信する”では、SNSなどのツールを使い、自分の存在を外にアピールします。そして“環境を変える”では、自分の活躍の場を求めてフィールドをチェンジ。その場所でさらに能力を磨き続けるのが5つめ、という流れです」

この5つは、まさに麻理恵さんが世界で大成功を収める過程ともリンクしている。

「小さい頃から片づけが大好きだった麻理恵さんは、“片づけコンサルタント”という肩書を自ら名乗り、自分の才能を活かす方法を見つけていきました。また、海外に活動拠点を移したことで、こんまり(R)メソッドの神髄でもある、“片づけを通して人生が前向きに変わっていく”という精神性が注目されたのも良かった。ありのままで輝くには、自分の才能がもっとも活かせる環境へ自ら赴くことも大切だといえるでしょう」

KONMARI’S HISTORY


Mission 1:自分を知る片づけが好きだと気がつく。母親が購読していた主婦向けの雑誌を5歳から愛読し、小学生時代は整理整頓係を担当。中学生の時に本格的に片づけの研究を始める。

Mission 2:自分を活かす片づけコンサルタントとして仕事を始める。大学在学中、19歳の時に片づけコンサルティング業務を開始し、独自の片づけ法「こんまり(R)メソッド」を編み出す。

Mission 3:自分を発信する本を執筆。2010年に初めての著書『人生がときめく片づけの魔法』を出版。シリーズ累計1200万部を超える世界的大ベストセラーに。

Mission 4:環境を変える拠点をアメリカに移す。2015年、アメリカのTIME誌で「世界でもっとも影響力のある100人」に選出される。翌年には、夫の川原さんと共に移住。

Mission 5:自分を磨くNetflixのオリジナル番組が世界で配信に。『KonMari〜人生がときめく片づけの魔法〜』が配信。テレビ番組のアカデミー賞といわれるエミー賞で2部門にノミネートされる。

川原メソッドの5つのミッション。


「自分らしく生きる」ための5つのミッションとは具体的にどういうこと? その全体像を知るために、自分をパズルのピースになぞらえて、イメージを掴んでみよう。

Mission 1:自分を知る人は、ひとりひとりが形の違うパズルのピースのようなもの。まずは、あなたが好きなことや挑戦したいこと、苦手なことを掘り起こし、自分というピースの形を知る。凸凹があって当たり前。それをありのまま受け入れて。

Mission 2:自分を活かす自分のピースの形がわかったら、それが最終的にどの部分にはまるかを考える必要が。そのためにはパズルの完成図(=世の中)を知ることも大事。本を読んで知識を得ながら、自分の能力が活かせそうな分野や業界を模索して。

Mission 3:自分を発信する目的地のアタリがついたところで、いよいよ外に向けて発信。周囲に自分の存在をアピールすることで、似た形のピースに出合えたり、「あなたのピースの形なら、あそこで求められているよ」と情報が自然と集まるようになる。

Mission 4:環境を変える発信して仕入れた情報を元に、さらなるアクションを起こす段階。今まで自分がいた場所を「居心地が悪い」と感じているなら、自分というピースがぴったりはまりそうな場所に移動。そこからどんどん価値が生まれ始める!

Mission 5:自分を磨くあなたにとって最適な環境に移動できたら、あとはいつでもベストパフォーマンスを出せる状態に自分を磨き続けるだけ。得意なことや、好きなことが活かせていれば、努力も苦にはならないはず。

川原卓巳さん ビジネスプロデューサー。妻は片づけコンサルタントの近藤麻理恵さん。Netflixのオリジナル番組『KonMari〜人生がときめく片づけの魔法〜』のエグゼクティブプロデューサーも務める。

近藤麻理恵さんと2人3脚で成功した軌跡を辿りながら、自分らしさの活かし方を語る。『Be Yourself 自分らしく輝いて人生を変える教科書』川原卓巳著(ダイヤモンド社)

※『anan』2021年2月24日号より。取材、文・瀬尾麻美

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)