絶対に許さない… 妻が絶句した「夫と不倫相手の激ヤバLINE」3つ

ニュースなどで有名人の不倫報道をどれだけ見聞きしたとしても、「自分たちはバレないだろう」と不倫を続ける男女も少なくありません。今回は妻が見て思わず絶句した、「夫と不倫相手の激ヤバLINE」について調査してみました。

LINEで不倫相手とイチャつく夫を見て…


「単身赴任中の夫が年末に帰ってきたとき、やたらとLINEの通知音が鳴っていたんです。気になって、彼のスマホのパスワードのところに娘の誕生日を入れたら、すぐにスマホのロックが開いてしまって……。

そうしたら、明らかに不倫相手と思われる女性と「早く会いたい」「寂しい」というやり取りを写真付きで送り合っていたんです。今後のことがまだ決まっていないので夫にはそのことを言っていませんが、ずっと離婚を考えています」(26歳/育休中)

このケースでは、スマホのパスワードが娘の誕生日だったために、妻は「家族を大事に思うなら、何で不倫したのか」と余計に複雑な気持ちになったそう。たとえ家庭を壊す気がない“遊びの不倫”だったとしても、そのことを知れば妻や娘が傷つくことは避けられないでしょう。

不妊治療中に夫が不倫して…


「離婚した元夫との間にはなかなか子どもができず、私は不妊治療をしていたんですが、その間に夫が不倫していたことが発覚。

しかも、不倫相手とは『俺たちの間に女の子ができたら、お前に似て絶対可愛いと思う』『やだ! 娘に嫉妬しちゃいそう』などと、“子どもができたら”という話で盛り上がっており、そのLINEのやりとりを見たときには、はらわたが煮えくり返りそうでした」(32歳/飲食関係勤務)

自分が不妊治療を頑張っている間に、夫が不倫しているだけでも許せないはずなのに、不倫相手と「子作り」の話まで呑気にしているとなると、妻がキレるのも当然でしょう。そんな無神経な行動をする男性とは、離婚して正解だったのかもしれません。

夫が愚痴を不倫相手に送っているのを見て…


「私の母は腰を悪くしており、父も以前から脚が悪いので、土日は家事の手伝いをするために、よく実家に帰っていたんです。

そのときは夫も笑顔で一緒に実家に帰ってくれていたのですが、あるときスマホを手に持ったまま寝落ちしている夫を見かけて、スマホをテーブルの上に置いてあげようとしたら、不倫相手とのLINEのやりとりが見えてしまって……。

そこには、『妻の手伝いで実家に行くのがダルい。行きたくない』という愚痴と、私の親の悪口が書かれていました。もし夫と離婚するとなると生活がきつくなってしまうものの、笑顔の裏でこんなことをされていたのかと思うと簡単には許せず、今後どうするべきか悩んでいます」(30歳/アパレル関係勤務)

実際には手伝ってくれるだけマシ……という考え方もあるかもしれません。ですが、妻には文句を言わず、陰で不倫相手に愚痴を言っているとなると、耐えがたいものがあるでしょう。

「離婚したら生活が大変になるから、妻は離婚しないだろう」と開き直って不倫を続ける男性もいます。しかし、妻側だけが我慢する状態は避けたいもの。いざというときに、“離婚”という切り札を出せるように準備しておくことも大事なのかもしれません。

?Tirachard Kumtanom / EyeEm/gettyimages?takasuu/gettyimages

文・上岡史奈

関連記事(外部サイト)

×