「逮捕されても当然」八代弁護士が無免許運転の都民ファ都議を断罪!

都民ファーストの会所属の木下富美子都議が無免許で人身事故 八代英輝弁護士が批判

記事まとめ

  • 都民ファーストの会所属の木下富美子都議が免許停止期間中に乗用車を運転し、人身事故
  • 「ひるおび!」で弁護士の八代英輝氏は、免停期間中の運転は無免許運転になると指摘
  • 落語家の立川志らくは、事故後の木下都議の言動にも疑問を呈した

「逮捕されても当然」八代弁護士が無免許運転の都民ファ都議を断罪!

<a href='/topics/keyword/八代英輝/160530014628/'>八代英輝</a>

 7月4日に投開票された東京都議選で、板橋区選挙区から立候補して当選した都民ファーストの会所属の木下富美子都議が、選挙期間中の2日に免許停止期間中にも関わらず乗用車を運転し、人身事故を起こしていた問題が波紋を広げている。

 木下都議は「違反の累積で今月2日まで免許停止中だった。2日から運転できると勘違いした」と釈明したが、都民ファは5日、事実関係が明らかになるまでの当面の間、木下都議を党員資格停止処分とする決定。同日夜になって、除名処分とすることを決めた。

 木下都議の行為には、各方面から批判が起きている。

 6日に放送された「ひるおび!」(TBS系)に出演した弁護士の八代英輝氏は、免停期間中に運転することは無免許運転になることを指摘し、「無免許運転、飲酒運転、あおり運転のようなものは過失なのではなくて、故意犯。ですから非常に罪が重くて、無免許運転もそれだけで最大懲役3年なんです」と説明し、「本来逮捕されても当然」と断罪した。

 同じく「ひるおび!」に出演した落語家の立川志らくは、「免停中に事故を起こして、なぜ次の日にのうのうと演説ができたのか。こういうことを起こしたから辞退させていただきますというのが普通なのに、平気で演説までしてる」と、事故後の木下都議の言動にも疑問を呈し、「このニュースが選挙前にあったら全然変わってたはず。なぜ選挙後に出てきたのか。そこらへんは何が働いたのかわからない。いろいろ問題がある」と批判した。

 同日放送された「めざまし8」(フジテレビ系)に出演したタレントの武井壮は「本当にコメントできないレベル。議員の方が無免許状態で運転というのは言語道断だなと思います」とコメントしている。

 また、元参院議員でプロレスラーの大仁田厚氏は同日、自身のツイッターを更新。「木下都議は確信犯だぜ」と断じ、「免停中に事故起こして『免停中が終わっていると』おかしな発言? 免停中が終わっているなら免許証を携帯してるだろう それって無免許と同じなんだぜ 東京都議会議員の年収は2400万円以上なんだぜ 無免許に事故の言い訳がひどすぎるぜ」と怒りを露わにした。

 木下都議の行為や発言に対しネットでは「都議のバッジは外すべき」「選挙やり直すべき」といった声が殺到している。

「免停の期間を勘違いして運転した、というのは言い訳としては苦しいですね。法律を遵守すべき立場の都議として言い訳はできません。都民ファは除名処分としましたが、やはり都議の座は返上すべきでしょう」(週刊誌記者)

 もし木下都議が辞職すれば、選挙で次点だった自民党の候補が繰り上げ当選ということになるのだろうか。今後の推移を見守りたい。

(石見剣)

関連記事(外部サイト)