あおり回避!ドライバー100人に聞いた「危険運転車」の見分け方

あおり運転「要注意車」の見極め方に大きなキズの車を避ける 黒いミニバン避ける人も

記事まとめ

  • 一昨年6月に、東名高速道路で悪質なあおり運転の末に痛ましい死亡事故が発生した
  • ドライバー100人のうち75人が「あおり運転をされたことがある」と回答した
  • 「要注意車」の見極め方に大きなキズがついている車を避ける、車種で判別する人も

あおり回避!ドライバー100人に聞いた「危険運転車」の見分け方

ヤカラ

 一昨年6月、東名高速道路で悪質なあおり運転の末に起きた痛ましい死亡事故。直後に放送された「ワイドナショー」で、ダウンタウンの松本人志が「ああいう輩みたいなのが来たら、中からロックして出ないこと」と発言して、インターネット上でも多くの賛同を得た。

 我々が事故に巻き込まれるリスクを減らすには、やはり「関わらない」ようにするしかない。そこで、ドライバー100人に「自己流防衛術」を聞いてみると、実に75人が「あおり運転をされたことがある」と回答。例えば、車高が低かったり、カスタムにお金をかけているような“いかにも”外観の車であれば、道を譲って事なきを得ることができるが、ほかにも「要注意車」の見極め方があるようだ。

「大きなキズの車は、それが気にならないタイプ、つまり相手の車にキズがついてもいいという考えなのか、もしくは技術が低いということ。修理に出せない=若者という可能性が高いので、並走しないように気をつけています」(37歳)

「ナンバーがゾロ目だったり、キレイな数字だったり、『・・・1』のようなものだったりと、希望ナンバーっぽかったら、それっぽい気質の人なのかなと思って、車間をとるようにしてます」(35歳)

 車種で判別しているという声も多い。

「偏見かもしれませんが、黒いミニバンは運転が荒い気がする。一般道で車間をとらずに後ろにピッタリ付けられることが多い」(40歳)

「急発進や急加速、車線変更の多い軽自動車には気をつけている」(39歳)

 危険運転車からは「逃げるが勝ち」が最善策なのだ。

関連記事(外部サイト)