ドコモの新料金「4割値下げ」は本当に安くなるのか?

ドコモ

 4月15日、NTTドコモは6月から提供をスタートさせる新プランを発表した。この料金プランを利用すれば最大で4割の値下げになり、ドコモは4000億円の減収になるというが、果たして本当にそこまで安くなるのだろうか。
 
「今回の新プランの特徴は、分かりやすさにあります。『ギガホ』か『ギガライト』かどちらかを選び、あとはオプションで『かけ放題』などの通話プランを加えることができるのです」(ITジャーナリスト)
 
 では、この2つのプランを詳しく見てみよう。
 
●「ギガホ」プラン…月に30GBまで通信が利用でき、月額が6980円。30GBを超過した場合の速度制限は“最大1Mbps”となっており、これまでの128kbpsに比べてかなり緩和された印象。

●「ギガライト」プラン…利用する通信のデータ量によって料金が変動する。1GBまでなら2980円、1GB〜3GBは3980円、3GB〜5GBが4980円、5GB〜7GBは5980円と段階的に上がる。月に7GB以上使用すると速度制限は従来どおりの最大128kbpsに制限される。

「あとは、家族でドコモの携帯を利用すると割引になる『みんなドコモ割』やドコモ光を利用していると割引になる『ドコモ光割』が適用されます」(同)

 実際に4割引きとなるのはどんなケースだろうか。
 
「3人以上の家族がドコモを利用し、かつ『ギガライト』プランでそれぞれが1GB以下のデータ量しか使わない場合に限られます。家族3人がそれぞれ月に1GB以下のデータ量しか使わないことなど、かなり稀なケースのため、4割引きが当てはまる人はかなり少数になると思われる。逆に、現時点で『月々サポート』や『docomo with』といった割引きオプションを付けているユーザーは、新プランに移行するとこれらのオプションが適用されなくなるため、かえって月額料金が高くなるというケースもあるのです」(同)

 どうやら、それほど大きな値下げを感じられる人はそんなにいないよう。ただ、ドコモは通信料金に紐づかない新たな割引も検討しているようなので、そちらに期待したいところだ。
 
(小林洋三)

関連記事(外部サイト)