元農水次官、死亡した長男のゲームキャラが”名所化”する異常事態!

農水省

 元農水事務次官の男性が、長男を刺殺したとして現行犯逮捕されたのは6月1日のこと。そのニュースからほどなくして、被害者の長男のものと思われるツイッターアカウント、そしてネットワークゲームのアカウントが判明する事態になっている。

「殺された長男は44歳。近所の人は姿を見たことがなく、息子がいることも知らなかったぐらいで、引きこもりだったと思われます。ツイッターでは本名を明かしており、投稿の内容が実生活と重なることから、本人である可能性が高いと見られています」(週刊誌記者)

 ツイッターの投稿からネットワークゲームにハマっていたことがわかり、ネットワークゲームのアカウントも判明。ゲーム内で大いに注目を集めているという。

「長男と思しき人物がプレイしていたのは『ドラゴンクエストX』。国民的な大ヒット作品として知られる『ドラゴンクエスト』ですが、Xだけはオンラインで遊ぶネットワークゲームです。多くのプレイヤーが集まってパーティーを組み、冒険をするシステム。彼は常時接続していたようで、いまもログインしたままになっています」(ゲームライター)

 そのキャラクターはすぐに“名所化”し、多くのユーザーが見に訪れる事態となっている。

「中には心ないプレイヤーがいて、長男と思しきキャラクターを見にくるだけでなく、そのキャラクターに蘇生の魔法である『ザオラル』の呪文をかける人が多数出現しています」(前出・ゲームライター)

 ドラクエXはプレイしている芸能人も多く、嵐の二宮和也と女優の本田翼はその筆頭。もしかしたら、長男といっしょにパーティーを組んだことがあるかもしれない。

関連記事(外部サイト)