月旅行700億、豪邸100億、社員の月収は20万…ZOZO社員は何を思う!?

前澤友作

 アパレルECサイト・ZOZOの前澤友作社長がツイッターで正社員募集を告知したが、その給与額に驚きの声が上がった。

 7月5日更新のツイッターで前澤氏は「【ZOZO正社員100名募集】 あなたの好きなブランドをあなたの力でZOZOTOWNに出店させませんか?ブランドさんと企画を練ったり、コラボ商品を作ったり、ブランドさんと二人三脚でZOZOTOWNを盛り上げていく営業部門のお仕事です。詳しくはこちら。」と告知し、ブランド営業・運営サポート採用情報ページに飛ぶURLを貼り付けた。

 採用情報ページには業務内容や応募資格、求める人物像などの詳細が書かれていたが、目についたのは月収だ。月収は20〜30万円とあり、幕張手当支給ありの場合は25〜35万円。幕張手当とは、指定エリア(幕張地域)に住む社員に支給される一律5万円の手当てのこと。賞与・残業代は別途支給で、前職給与や能力・経験を考慮して月収が決定する。年収約432万円の場合、月収は25万円(幕張手当支給あり)で、賞与は80万円。月の平均残業時間は30時間ほどになるという。

「2018年9月26日放送の経済ドキュメンタリー番組『ガイアの夜明け』(テレビ東京系)で前澤氏を取り上げたのですが、その中で社員の基本給とボーナスが一律同額であることも紹介されました。今回の正社員募集の給与額を見ると、残業時間を引けば、基本給はそれほど高くない印象です。一律同額は、給与に関して社員同士が悪口を言い合うのを防ぐためだそうですが、どんなに頑張っても現在の基本給が上がらなければ、逆に不満を感じる社員もいるのではないでしょうか」(週刊誌記者)

 件の前澤氏のツイートに対するコメントを見ても、「月収安くないですか」「給料安い…」「残業が月30時間???それで20万!?残業なかったら16万くらい?安すぎだろ」「想像よりも給料が安いことに驚きました」など、給与の安さに愕然としているフォロワーは少なくなかった。

「7月9日発売の『フラッシュ』によると、前澤氏が千葉市内に建築中の豪邸は総工費100億円にも上り、今も工事は続いているといいます。工期が延びれば、さらに費用は高くなるはずです。また、18年9月の『女性セブン』は、前澤氏が2023年に予定している月旅行の費用は700億〜1000億円と伝えています。さらに、一部売却したとはいえ、多数の絵画や高級車も所有しています。ZOZOの社員が前澤氏の金遣いをどう見ているのか気になりますね」(前出・週刊誌記者)

 社員の恨み節が聞こえてきそうだ。

(石田英明)

関連記事(外部サイト)