カレー、たこ焼き、チキン…「オイシイ福袋」が目白押し!

ケンタッキー

福袋≠ニいうと百貨店というイメージが強いが、ファストフードや外食チェーンも負けてない。2020年、おいしい&汨ワが目白押しだ。

 日本ケンタッキー・フライド・チキンは、「ケンタ福袋」(2500円)を全国のケンタッキーフライドチキン(以下KFC)の店舗で販売。内容はオリジナルトートバッグ、オリジナルチキンの2ピース引換券(3枚)、サンドセット引換券(2枚)。合わせて、2870円相当だという。さらに、期間中に何度も使えるクーポンパス(挽きたてリッチコーヒーやオリジナルチキンのセットなどがお得に購入できる)が付く。販売期間は20年1月1日〜3日の3日間。

「カレーハウスCoCo壱番屋」(以下ココイチ)など、全国の壱番屋グループの対象店舗で販売されるのが「ココイチ福袋」(2000円)。内容は2000円分の食事補助券(500円券×4枚)、紅白レトルトカレー(レッドキーマカレー、ホワイトカレー各1個)、お弁当用のミニサイズのレトルトカレー(50グラム×2袋)、オリジナル保冷バッグ(2種類から1つ)の4点。2回に分けて販売し、第1弾は19年12月28日〜、第2弾は20年年始営業開始日(店舗によって異なる)だ。

 長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」の福袋もお得。価格は2000円で、食事割引券(500円×4枚)、長崎ちゃんぽんカップめん(2個)、薄皮ぎょうざ(3個)の食事引換券(2枚)という内容。予約期間は12月21日から始まっており、31日まで。お渡し、販売は1月1日からスタート。予約がなくても買えるが、販売予約数に達し次第、終了となる。

「築地銀だこ」は「ぜったいお得な!! 福袋」を販売する。価格は1000円、3000円、5000円の3種類。内容はたこ焼き引換券、たこめしの素、100円引きクーポン券、スタンプカードのスタンプ1個プレゼント券。20年1月1日から販売を開始。

「ココイチとリンガーハットは、食事補助券や食事割引券だけで元が取れます。築地銀だこは5000円の福袋であれば、たこ焼き1舟(8個入り)の引換券が12枚付き、これだけで8580円相当。3580円もお得になります。これら3店に対してKFCは地味に思えますが、クーポンパスは20年3月31日まで何度も使えるのが魅力。いずれの福袋もなくなり次第終了なので、ヘビーユーザーはなるべく早く買ったほうがいいでしょう」(情報誌ライター)

 おいしい思いが何度もできそうだ。

(石田英明)

関連記事(外部サイト)