売り手市場極まれり?「内定辞退セット」バカ売れに垣間見える若者の傾向

就活

 就活売り手市場もここまで来たか。

 都内文具メーカーが販売する「内定辞退セット」の売れ行きが伸びているという。気になる中身は、内定辞退を伝える手紙用便箋、郵送用封筒、きれいに書ける文例付き下敷き、電話のかけ方や書いた手紙の封筒への入れ方など内定辞退に関する最低限のマナー解説書などをセットにして、税別500円で販売されているのだ。

 一方で、内定辞退の連絡をもらえずに困惑する企業も増えているという。
 
「ネット上には『断りのメールや電話をすればいいだけでは?』という声が目立っていますが、それができない若者が増えているのでしょう。断りを入れるということは、自分が悪者になるということ。相手に対して自分が不快な思いをさせるというところで思考がストップし、たった1本のメールや電話を自分が怠ることで企業に迷惑がかかるということまで、頭が回らない若者もいるようです」(女性誌記者)

 企業もテンプレで不採用通知してくるのだから、お互いさまと言えなくもないが、素直に頭を下げられない若者が増えたとも言えるのかもしれない。

関連記事(外部サイト)