知事6人のコロナ対応をモニタリング!森田健作「カネがない」とサジ投げて…

森田知事

 4月7日の緊急事態宣言によって、脚光を集めることとなった7都府県の知事たち。小池百合子都知事の存在感に隠れて目立たなかったものの、他の知事らの無能ぶりもまた、特筆ものだった。

 例えばこの間、民放テレビの報道番組などに出演した神奈川県の黒岩祐治知事は、新型コロナ陽性者をトリアージして振り分ける「神奈川方式」をしきりに自画自賛したうえで、小池都知事が打ち上げていた協力金については「神奈川県は東京都のように財政が豊かではないんですよ!」と、絶叫口調で泣きを入れるという醜態をさらしたのだ。

「黒岩知事は大阪・兵庫間の移動自粛要請を発令して株を上げた吉村洋文府知事にただならぬ対抗意識を持っているようです。折に触れて神奈川方式を自慢してみせるのもその表れですが、さすがに『東京都のように……』の絶叫発言は情けなかった。特措法では各都道府県知事に対策の権限が与えられているわけですから、『それをやるのがあなたの仕事でしょ』と突っ込みを入れたくなりました」(自民党神奈川県連幹部)

 極め付きは同じく民放の報道番組で「千葉県にはねぇ、カネがないんだよ〜」とサジを投げてみせた森田健作知事だ。

「まさに青春ドラマの主人公のようなノリでした。寄る年波のせいか、最後は声が裏返っていましたが、『カネがない』でコトが済むなら知事などいりません」

 とは、森田知事に近い複数の幹部職員らの声だ。

 ここへきて「すでに病床が足りなくなっている」とマスコミに泣きを入れた埼玉県の大野元裕知事もまたしかりだが、一連のドタバタ劇で「注目」される首都圏知事らに後れを取ってはならないとでも思ったのか、一方で「愛知県にも緊急事態宣言を」と訴えた大村秀章知事のような御仁もいる。

「大村知事の場合は、不仲が続いている名古屋市の河村たかし市長にせっつかれたのがキッカケ。ならば、ということで、小池都知事の猿マネをして、愛知県独自の緊急事態の宣言と緊急対策の発表に踏み切りました」(愛知県連幹部)

 緊急モニタリングで明らかになった6人の「コロナ知事」のおバカ言動。どうか冷静に職務をまっとうしてほしい。

関連記事(外部サイト)